パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

自転車  秋田県

紅葉の栗駒山

2019年10月2日   単独

須川温泉ー名残ヶ原ー栗駒山ー天馬尾根ー秣岳ー須川湖ー須川温泉




昨日TVで栗駒山の紅葉の風景が放映されており明日は天気も良さそうだ。朝早く目が覚めたら久しぶりに歩きに行こう。今日は5時に目が覚めたのであたふたと支度をして須川温泉登山口へ向かった。




須川温泉登山口から少し歩くと名残ヶ原に到着。草が色ずき始めている。
PA020002 - コピー


栗駒山山頂の遠望。ここから紅葉は見づらいが・・・
PA020010 - コピー


山頂近くなると色づき具合がよくわかる。
PA020018 - コピー


山頂の標識が見えてきた。
PA020026 - コピー


栗駒山の山頂。平日だが大勢の人が来ている。
PA020028 - コピー


天馬尾根経由秣岳へ。
PA020031 - コピー


岩場の紅葉が美しい。
PA020037 - コピー


昭和湖ルートの分岐へ。昭和湖ルートは危険なガスが出ており閉鎖されていた。
PA020039 - コピー


天馬尾根より須川湖
PA020042 - コピー


天馬尾根より白く濁った昭和湖。
PA020046 - コピー


秣岳の遠望。
PA020049 - コピー


秣岳前衛峰。
PA020054 - コピー


紅葉風景
PA020059 - コピー


紅葉風景
PA020066 - コピー


秣岳手前のポコ。草紅葉の中を歩いてポコを越えれば・・・
PA020069 - コピー


秣岳が見えて来た。
PA020077 - コピー


秣岳山頂から栗駒山。
PA020078 - コピー


須川湖登山口へ。
PA020083 - コピー



栗駒山






湖底に沈む百宅集落

6月16日  単独

鳥海支所ー百宅集落ー法体の滝ー奥山放牧場ー鳥海支所



百宅集落




鳥海山麓の百宅集落が湖底に沈んでしまう。昭和45年に調査が始まり平成27年に工事事務所が設置された。完成時期は未定だが近い将来、子吉川に鳥海ダムが作られ百宅集落が湖底に沈んでしまう。鳥海山の登山口の一つである百宅口に行くときに通過するところで気にもとめなかったが湖底に沈むことが決まったので訪れておこう。




車で自宅から150km走り鳥海総合支所に駐車し出発。


300mほど上り少し下って百宅に到着。上百宅集落。


集落唯一のお店「すえひろ」はシャッターが下りていた。自販機は電気が入っている。


百宅集落中心部


下百宅集落


百宅集落全景。


子吉川を渡って・・・


法体の滝を見学。


鳥海山祓川の矢島登山口方向へ。


標高735mの三叉路です。


板平発電所取水口を左に曲がり上って行くと祓川です。右に曲がり下ります。


奥山放牧場で一服。


奥山放牧場から鳥海支所へ500m下って行きます。









SCC春の一泊ラン由利本庄・笹森丘陵

5月19~20日  メンバー:9名

19日 東由利道の駅ー白沢峠ー岩野目沢ー大内町  ぽぽろっこ泊
20日 大内町ー赤田の大仏ー北ノ股ーR107旧道ー東由利道の駅

走行距離:85km  標高差:300m



SCC仙台サイクリングクラブ今年の春の一泊ランは由利本荘です。
私は今月初め転倒し肩、膝、そして顔面打撲の負傷をし参加出来るか微妙でしたが顔面の抜糸後回復が早く参加しました。
19日の秋田県は豪雨、強風で洪水警報がでるなか決行です。


19日
当初計画は東由利道の駅から雄物川を経由して大内町へ75km走る予定でしたが悪天候のため白沢峠からショートカットして40kmに短縮。


風の強い日は上下の合羽かポンチョか。


強い風にポンチョは流されてしまいます。


昼ご飯は食堂がいいのですが弁当持参していたのでうどん屋よこの自販機の屋根下で済ませました。


写真を撮る余裕がなく大内道の駅内にある「ぽぽらっぽ」に到着。自転車はフロント前のロビーを横切り会議室へ案内されました。自転車にいい宿です。



20日
今日は微風の晴天です。朝の足慣らしに少し登って・・・


鳥海山の遠望。送電線が邪魔ですね。


下って赤田の大仏へ。


お堂の中には大仏尊


田舎道から・・・


150mほど登って今日の最高地点。


今日のお昼ご飯もコンビニ弁当です。無人アダルトDVD販売所がいいですね。







三途川の橋を渡って地獄へ

9月14日  単独

道の駅おがちー三途川集落ー三途川橋ー川原毛大湯滝ー川原毛地獄ー泥湯温泉ー
桁倉沼ー市野吊橋ー皆瀬ダムー宇留院内峠ー道の駅おがち




川原毛地獄




久しぶりの秋田県です。三途川の橋を渡って地獄へ向かいます。橋を渡って進んで行くと地獄が待っています。



鬼首トンネルを抜けて秋田県に入りました。道の駅おがちに車を停めて出発します。


道路わきに鹿島様というワラ人形が・・・


少し進むとここにもワラ人形が。悪病除けのためワラで作った道祖神と解説されていました。


高度を上げていくと三途川集落に到着。


三途川十王像。お堂の中に像があるようですが見つかりませんでした。


三途川橋です。閻魔様がよく来たね、この橋を渡りなさいと・・・


橋を渡って地獄へ向かいます。この道も急勾配で地獄の苦しみです。


川原毛の大湯滝です。先客が1名いました。


身を清めます。40℃くらいのいい湯加減です。


滝に打たれてさらに身を清めます。目が痛いです。きつい酸です。水着はつけていませんよ。


身を清めて川原毛地獄へ向かいます。ここも亜硫酸ガスが発生しており立ち入り禁止個所が多くあります。


自転車には厳しい道です。


車道に出ました。地獄脱出です。この世に戻ってきました。


下っていくと泥湯温泉が見えてきました。


泥湯の温泉街。


桁倉沼を半周して・・・


国道398を少し走り皆瀬川に掛かっている市野吊橋を渡って皆瀬ダムへ。


皆瀬ダムです。釣り人が5名ほどいました。


宇留院内峠のシェルターです。しかしシェルターに近づくと犬が吠えてきました。暗くて姿形は見えません。数匹いるようです。反響してすごい吠え声です。ビビッてしまいました。通過は諦めて・・・


新道の宇留倉トンネルを走ることにしました。


宇留院内集落の神社で少し休み道の駅おがちへ戻って行きました。











雄物川左岸右岸、雨が降ってます

7月9日  メンバー:5名

羽後町五輪坂自然公園ー雄物川左岸ー大曲花火大橋ー雄物川右岸ー五輪坂自然公園

走行距離:70km   標高差:少し



雄物川右岸で雨宿り





仙台サイクリングクラブ有志ラン「雄物川」に5名が集まりました。仙台6時出発時点で雨が降っています。鬼首トンネルを抜けると雨は止んでいるかなと淡い期待もむなしくどしゃ降りです。9時に集合場所の羽後町五輪坂自然公園についても雨です。覚悟を決めてポンチョ(3名)、上下の合羽(2名)を着こんで出発しました。




雨具を着こんで五輪坂自然公園から出発しました。


雄物川左岸を北上。


天気予報通り1時間ほど走ると雨は止みました。


折り返し地点の大曲花火大橋です。花火大会の当日は人、人、人です。此処へ苦労してやって来て、帰る時も大苦労して帰る事になります。


お昼ご飯は大曲市内の3代続くマニアックな食堂でかつ丼3名、肉丼1名、マーボーラーメン1名頂き雄物川右岸を走ります。


国交省の看板の前で5人揃って記念写真。雨は上がりましたが・・・


また降り出しました。かなり強い雨です。いい所に雨宿り出来るところがありました。この後雨は止むことはありませんでした。


風が弱かったのでポンチョだけでも濡れる事はなく走る事ができました。リンプロの
ポンチョです。




プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ