パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

登 山  山形県

紅葉川渓谷

2019年10月29日   メンバー:4人

面白山高原駅ー紅葉川渓谷ー紅葉川林道ー山寺駅ー(JR)-面白山高原駅




先週、紅葉川林道を自転車で走り渓谷を見下ろすとなかなかいい眺めなので歩いてみたいと思ったのですがさすがに自転車では無理と思い諦めました。一週間たった今日、山仲間を誘って紅葉川渓谷歩きに出かけました。
面白山高原駅駅から橋を渡り紅葉川渓谷に降てきました。滝、渕を見ながら川原歩き、へつりあり、吊り橋など変化に富んだコースです。足場は濡れており滑ればドボンしそうです。ちょっとしたスリルを味わいながらの渓谷歩きでした。渓谷は1時間ほどで歩けるので林道に出てから山寺駅まで6kmほど紅葉川林道の紅葉を楽しみながら散歩しました。渓谷の様子の写真を張り付けました。



PA290004 - コピー


PA290006 - コピー


PA290011 - コピー


PA290013 - コピー


PA290016 - コピー


PA290021 - コピー


PA290023 - コピー


PA290027 - コピー


PA290031 - コピー


PA290034 - コピー


PA290038 - コピー


PA290039 - コピー


PA290042 - コピー


PA290044 - コピー


PA290047 - コピー


PA290049 - コピー


PA290052 - コピー


PA290058 - コピー


PA290063 - コピー


PA290067 - コピー


PA290069 - コピー


紅葉川渓谷






快晴の月山へ

2019年7月8日  単独


月山より雲海に浮かぶ朝日連峰
DSCF8384 - コピー




今日は日本海側が晴天です。山形へ行こう。何処に行こうか。地図を眺めていると月山が目に止まった。夏の月山はいつ行ったか記憶にないぐらい大昔だ。




出発の時間が遅かったのでリフトに乗ることにした。ラクチンだ。リフト沿いにニッコウキスゲが咲いている。この花の名前は解ります。
DSCF8378 - コピー


リフトを降りて姥ヶ岳へ。スキーヤーが数名滑っている。
DSCF8381 - コピー


月山の山頂まで見渡せる晴天です。
DSCF8389 - コピー


白い花が咲いています。
DSCF8398 - コピー


30分ほどで姥ヶ岳に到着。
DSCF8399 - コピー


湯殿山は雪が無くなっています。夏道がないので雪が降るまで山頂は踏めません。
DSCF8404 - コピー


木道を歩いて牛首へ。
DSCF8408 - コピー


牛首から鍛冶小屋跡の登りは雪渓歩きです。朝日連峰が少し遠くなりました。
DSCF8411 - コピー


鍛冶小屋跡から姥ヶ岳方向を振り返る。
DSCF8416 - コピー


黄色い花が咲いている岩場を登り切れば・・・
DSCF8419 - コピー


月山山頂までもう少しです。月山神社の向こうに鳥海山。
DSCF8421 - コピー


月山神社の前まで来ました。中に入るには500円必要です。脇を通り抜けて・・・
DSCF8425 - コピー


月山山頂
DSCF8432 - コピー


念仏小屋方向の大城雪。山スキーで行く「月山ー念仏小屋ー肘折」は面白いルートですがもうそんな体力はありません。
DSCF8433 - コピー


下りは雪渓のあるところを選んで歩いたので快適でした。
DSCF8441 - コピー


リフト上が見えてきました。下りもリフトを使うラクチン山行でした。
DSCF8442 - コピー



月山2019





今シーズン最後の山スキー「湯殿山」

3月14日  メンバー:15名



今シーズンも12月から雪山山行を始め今日で17回目(21日間)です。最後の山は湯殿山です。今シーズンから私はリーダーをしないで若い人にリーダーをやってもらいました。気持ちにゆとりが出来て山行を楽しませてもらいました。





ネイチャーセンターから石跳川を登って行きます。
P4140003 - コピー


湯殿山の南東尾根。今日のコースは周回ですので下りに滑って来る尾根です。
P4140009 - コピー


石跳川上部は完全に雪で埋まっています。(YGさんより)
湯殿山y2 - コピー


石跳川の上部に到着。装束場から左に旋回し・・・
P4140023 - コピー


北東尾根を登って行きます。
P4140027 - コピー


バックの姥ヶ岳の展望が素晴らしい。
P4140029 - コピー


山頂にはブス沼方向からきたツアーの人々が山頂を占領しています。
P4140033 - コピー


湯殿山山頂までもう少し。
P4140044 - コピー


山頂から北側をのぞき込むと湯殿山神社を見ることが出来ました。
P4140035 - コピー


湯殿山山頂で集合写真。(YGさんより)
湯殿山y - コピー


ちょいと重めの雪ですが南東尾根を滑る。
P4140052 - コピー


わかん隊もスイスイと下ってきました。
P4140057 - コピー


重い雪です。
P4140064 - コピー


樹林帯を滑って・・・(HKTより)
湯殿山5 - コピー


下って・・・
P4140069 - コピー


休憩。
P4140074 - コピー


石跳川に降りてきました。
P4140080 - コピー


今年の石跳川は埋まっているところが多く安心して川越えが出来ました。
P4140090 - コピー

雪山山行は道が無いためルートとりが難しいです。今シーズンはGPSの電源を一度も入れることなく地図とコンパスだけでルートとりをしました。人間GPSの精度は向上するのですが体力がだんだん衰えてきました。いつまで山に登れるかな。(地図のルートは手書きです)



湯殿山2019











月山第一トンネルから西ノ平

4月6日  メンバー:10名


山スキーも終盤戦です。しかし月山はこれからが春スキーのシーズンになります。今日は月山から少し外れた月山第一トンネル西川町側から湯殿山方向にある「西ノ平」です。地図に山の名もないマイナーな山です。登山口から山頂まで高度差400m程なのでお気楽コースです。



国道112号月山道路の月山第一トンネルの手前に駐車場があります。トンネルの管理棟脇からトンネルの上を通過して・・・
P4060004 - コピー


コンパス55度の方向へ進んで高度を上げて行きます。
P4060009 - コピー


1時間ほど歩くと湯殿山の頭が顔を出します。
P4060013 - コピー


ひろ~いゆるやかな尾根です。
P4060018 - コピー


湯殿山の全景が見えてきました。南西尾根です。スキーで滑るには不向きな尾根です。
P4060021 - コピー


西ノ平と言うくらい平らなところです。バックには離森、鍋森の山々。
P4060024 - コピー


1150mのどこが山頂か解らない平らなところが山頂です。
P4060033 - コピー


全員西ノ平山頂に到着。湯殿山が聳え立っています。ここから2時間ほど上れますが今日は此処が山頂です。
P4060037 - コピー


集合写真を撮りましたがちょいとピンボケです。
P4060042 - コピー


登りに赤旗を打ってきました。下りは地図、コンパスなしで赤旗を頼りに下山します。風は強かったですが視界良好の心が和む山行でした。
P4060053 - コピー (2)




西ノ平2019







村山葉山・小僧森

3月19日  メンバー:4人


今日は少人数で平日山行です。畑集落から村山葉山の手前にある小僧森へ出かけました。月山街道112号線から十部一峠への国道458号経由で畑集落へ向かいます。除雪が完了しているか行ってみなけりゃ解りません。





通行止めになっていましたが除雪は完了していました。駐車場も除雪済です。
P3190002 - コピー


畑集落の家屋はまだ雪に埋もれています。畑集落は冬になると人々は里に降り春になると戻って来ます。
P3190010 - コピー
 

キャンプ場の平原を通り抜け・・・
P3190018 - コピー


沢状のところを登って行きます。
P3190019 - コピー


ブナ林の急登。
P3190023 - コピー


朝日連峰を背にしての登り。
P3190036 - コピー - コピー


雪庇地帯を通過すると・・・
P3190041 - コピー


小僧森が見えてきました。
登り1 - コピー - コピー


小僧森直下に到着。
P3190053 - コピー


小僧森への登り途中から
P3190056 - コピー


小僧森への急斜面。この画像ではたいした登りには見えませんが・・・
葉山9 - コピー


横から見ると急斜面が解ります。
10葉山 - コピー


小僧森山頂に到着
P3190063 - コピー


小僧森山頂から村山葉山方向。左手に月山
P3190071 - コピー


下ります。
P3190079 - コピー


スキーは早いです。
P3190089 - コピー


わかん隊も結構早いです。
P3190092 - コピー


もうすぐ里です。
下り1 - コピー




小僧森2019




プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ