パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2019年01月

深雪の翁山は楽しい

1月26日~27日  メンバー:8人

26日 高橋集落ー唐沢林道ークルミ沼ーハリマ小屋  泊
27日 ハリマ小屋ー翁山ーハリマ小屋ー高橋集落



深雪の下山は楽しいね。




26日朝起きると雪が降っている。15cmほど積もっておりこれから出かける山形県豪雪地帯の尾花沢にある翁山は大変だと心配して出かけた。



登山口近くに駐車するスペースがありません。高橋集落の方にいつも屋根付きの駐車場を提供して頂いております。有難いです。


たんぼに積もった3mほどの壁を乗り越えるんですが地元の方にステップを作って頂きました。またまたありがたいことです。


深く積もったたんぼの真ん中を進んで行きます。心配していた雪の量は新雪が30cmほどなのでラッセルはラクチンです。


杉林の中を通り抜け・・・


翁山の標識のある吹越林道との分岐です。標識はすっぽり埋もれています。


こんもりしているところが翁橋です。橋を渡るとハリマ小屋への林道があります。橋を渡らず唐沢林道方向へ進みます。


唐沢林道の難所、雪崩そうな斜面を息をこらえて進みます。


唐沢林道から広い尾根に取り付いてクルミ沼へ。


急斜面を登りきり少し下って行くと・・・


クルミ沼に到着。今年は雪で隠れているところが多いです。伏流水が流れ込んでいる沼なので凍ることはありません。


クルミ平から少し登って・・・


ハリマ小屋に到着。屋根に多くの雪が積もっています。


小屋を掘り起こします。中に入るまで50分も掛かってしまいました。小屋には石油ストーブがあります。各自500cc持参して暖かい夜を過ごすことが出来ました。




おはようございます。今日は風が弱くまずまずの天気です。


冬尾根を登っていきます。


少し深いですが快調に進み・・・


翁山山頂に到着。吹雪いていますが目出帽なしでも大丈夫です。(YGさんより)


下山します。


深雪のスキーは楽しい。


パウダースノーをスイスイと。


わかん、スノーシュー隊も深雪を楽しんでいます。


シリセードも楽しい。


ハリマ小屋で1時間ほど休憩して記念写真を撮って(YGさんより)・・・


クルミ平へ。


唐沢林道に降りてきました。もう少し。


高橋集落へ到着。フアフアの新雪を堪能しました。









阿武隈山地の里山、割山峠から四方山

1月23日  メンバー:7名

割山峠8:00-鴻ノ巣峠8:50-閑居山9:00-夜討坂9:30-
黒森山10:10-四方山10:50(11:30)-割山峠14:00



久しぶりに里山仲間が集まり阿武隈の里山に出かけました。標高は200m前後ですがいくつもアップダウンがあり距離も12kmほどで散歩+αの山歩きになりました。



割山峠には3~4台くらいの駐車スペースがあります。


登り出しは急登です。


50分ほどで鴻ノ巣峠


標高204mの閑居山。


夜討坂へ向かいます。


夜討坂。戦国時代に伊達氏がこの道を越えて相馬氏に夜襲をかけたところとされています。


標高254mの黒森山。見晴らしがいいところでした。


本日の最高峰272mの四方山。


山頂の展望台から


蔵王方面。


ベンチに座り少し早いランチタイム。








細野集落から白鷹山

1月20日  メンバー:13名

細野ー南西尾根取り付きー白鷹山山頂ー細野


今年は参加者13名でスキー隊は0人です。全員スノーシュー、わかんです。雪の量もまあまああり藪が埋まっていたので尾根の取り付きはラクチンでした。13名もいると後ろで歩いていると夏道と変わらないくらいスイスイと歩けます。



林道を20分ほど歩いて汗をかき衣類調整をして・・・


尾根に取り付きます。藪がすっきり隠れており快調です。


尾根に上がりきるとますます快調です。


スイスイ


スイスイ


後方を歩いていると労せず(YDさんより)・・・


山頂に到着。


山頂の大木。(YDさんより)


山頂の虚空蔵尊まえで記念撮影(YDさんより) 山頂小屋で休憩し身体が冷えてきたころに下山。









薪ストーブの小屋に泊まろう「杢蔵山」

1月12日~13日  メンバー:6人

12日:上山屋除雪最終地点8:20-電波塔15:10-杢蔵小屋16:10
13日:杢蔵小屋7:15-杢蔵山8:00-杢蔵小屋8:30(9:30)-
    上山屋除雪最終地点14:30


杢蔵山を登り終え杢蔵小屋へ




豪雪地帯の山形県新庄市の北東にある標高1026mの里山ですが冬は厳しい山に変身します。それでも昨年に引き続き今年も出かけました。今年の雪は深くて重たいです。スキーはあまり沈みませんがわかんは膝まで沈み一歩一歩が大変でした。小屋に着くと早速薪ストーブに火を入れて楽しい語らいの時間を過ごしました。翌日は無風、晴天の絶好の登山日和でした。



山屋キャンプ場手前の除雪最終地点が駐車場になります。


山屋キャンプ場を通過し橋を渡ります。この橋で積雪状況を確認します。1,5mほどです。


ブロック雪崩地点を通過し・・・


杢蔵小屋へ。


ワカン隊深く沈み苦労しています。スキー隊ここで待ちます。


杢蔵小屋手前の電波塔が見えてきました。


電波塔を登りきるともう少しです。


電波塔から杢蔵小屋へ。


杢蔵山の麓に杢蔵小屋が見えます。何回も来ていますがこんなに晴れたことは初めてです。


杢蔵小屋に到着。


深く埋もれた小屋を掘り起こし・・・(STさんより)


薪ストーブに火を入れて楽しい語らいの時間です。暖かくて快適です。




おはようございます。出発します。杢蔵山の山頂が見えます。一名体調不良で小屋番をします。5名で山頂を目指します。


ルンルン気分で山頂へ。


杢蔵山山頂。


スキー隊2名、杢蔵山山頂(YGさんより)


下山します。右側の雪庇を踏み外さないように。


小屋に到着しました。


小屋で1時間ほど休憩しました。さらにいい天気になりました。


スキー隊は電波塔でシールを外し滑って行きます。


下山地点で杢蔵山を振り返り、いい山行でした。








今年の登りはじめは近場の七ツ森

1月5日  メンバー:9名

信楽寺ー松倉山ー撫倉山ー大倉山ー蜂倉山ー鎌倉山ー遂倉山ーたがら森ー玉ヶ池



今年の登りはじめは近場の里山、七ツ森です。標高は300mくらいの山ですが七つ登ると獲得標高は1000mを越えます。急斜面がいくつもあり積雪期はちょっとスリルがあり面白いです。



前方にこれから登る松倉山。


松倉山の急斜面。


松倉山を通過し・・・


撫倉山との鞍部。


撫倉山より大衡村方向。


これから登る大倉山、蜂倉山方向。


大倉山へ。


大倉山。


蜂倉山。


急斜面のトラバース。


鎌倉山。


遂倉山。


最後はたがら森で集合写真。











プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ