パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2018年03月

五味沢から白太郎山、樽口峠から風倉山

3月24日~25日   メンバー:12名

24日 五味沢ー766m-白太郎山ー五味沢   飯豊梅花皮荘 泊

25日 小玉川集会所ー樽口峠展望所ー樽口峠ー風倉山ー宝泉寺尾根ー小玉川集会所





冬山の終盤です。今年も昨年好評だった朝日山系の白太郎山と飯豊山系の風倉山に登ります。参加者も12名になりました。今シーズン初めての夕、朝食付きの飯豊梅花皮荘に泊まりました。




24日
白太郎山から祝瓶山





五味沢の関さん宅の横から出発します。関さんって誰!。知っている人は知っています。


登り出しは急登です。スキーは滑り苦労しますが・・・


わかんはスイスイと登って行きます。


766mを過ぎ振り返るといい景色です。


白太郎山に到着。


祝瓶山が綺麗に見えますが大朝日岳は雲の中でした。


山頂で記念写真を撮り・・・


下山しました。









25日


樽口峠展望台から飯豊の絶景





小玉川の集会所から登って行きます。


今日は暑いです。上着を一枚脱いで衣類調整します。


樽口峠展望台に到着。


飯豊の山頂付近は雲がかかっています。帰りにもう一度来ます。


樽口峠から風倉山への尾根に取り付きます。


今年は樽口峠の標識が出ていました。昨年は雪の中でした。


風倉山へ登って行きます。


雪が切れているところがあり登り辛いです。


一旦下ります。


また登り・・・


下って細尾根を登って・・・


風倉山への最後の登りです。


風倉山に到着。国土地理院の地図にも山名が明記されてない標高744mの小さな山です。


風倉山山頂で集合写真。


下りは軽快です。


樽口峠から・・・


樽口峠展望台から飯豊山系。石転び沢の上部に梅花皮小屋が見えると・・・


宝泉寺尾根を下って小玉川集落に降りてきました。








記録
3月28日 長面浦 46km 0m



仙台サイクリングクラブラン名取川右岸から阿武隈川左岸

3月17日  メンバー:7名

名取川頭首工ー名取川右岸ー阿武隈川左岸ー太平洋岸ー名取川頭首工

走行距離:53km  標高差:少し



仙台サイクリングクラブ3月2回目のクラブランです。川岸と海岸の高低差のない道を走る計画です。今日のコースリーダーはリカンベントのMさんです。上りが苦手なため上りが無いコースを選択しましたが川岸、海岸は遮るものがないため向かい風をもろに受け結構厳しいランになりました。



名取川頭首工前に集合しました。アヤセサイクル製モールトン2台の写真を撮り・・


頭首工まえから出発。名取川右岸から・・・


県道に出て、腰館神社まえの道は奥州路の案内がありました。ただの県道ですが。


阿武隈川左岸。


阿武隈川沿いに「日天月天」の鳥居があり・・・


進んで行くと拝殿がありました。


阿武隈川左岸から太平洋へ。


津波で大被害にあった海岸です。嵩上げされた防波堤が延々と続いています。


防波堤は走り難いように凸凹になっています。


私は早々と舗装道に降りましたが海岸線を走りたい人は降りてきません。見ていると気分が良さそうですが凸凹道に向かい風は結構きついです。名取の「味かん」で食事をとり解散しました。






アルプスクライマーで石巻ポタ

3月13日   単独

石ノ森漫画館ー牧山ー真野地区ー開北橋ー石ノ森漫画館


春の日差しです。石巻周辺の神社仏閣をアルプスクライマーでのんびりポタしてきました。15km/h前後で田舎道をゆっくり走ると充実した時間を過ごせます。




旧北上川の中瀬にある石ノ森漫画館奥の駐車場から出発。


牧山に上って行きます。山頂の神社まで舗装された車道がありますがハイキング道もあります。ハイキング道を少し走って・・・


車道を上っていきます。


眼下に石巻湾。


山頂の零羊崎神社。


少し下って梅渓寺。


牧山を下って万石浦駅横の踏切を渡り田舎道を走っていると沼津貝塚の史跡がありました。なんにもありません。奥に鳥居があったので・・・


鳥居を二つ潜ると・・・


拝殿がありました。八幡神社です。


真野地区に来ると細い道をダンプがひっきりなしに往来しています。見えないところの山を削り海岸の嵩上げ用の土を運んでいます。丘陵の斜面は削られ自然に優しい太陽光のパネルがキラキラしています。


遠くに籠峰山が見えましたが上りません。


真野地区の長谷寺。


真野國民学校跡地に被災者住宅が建てられていましたが住んでいる人はもういないようです。


小高いところを上り亀向山龍泉院。


真野川沿いから旧北上川の開北橋を渡り駐車地点の石ノ森漫画館へ。












薪ストーブのある小屋に泊まろう、三ツ石避難小屋

3月10日~11日  メンバー:8名

10日 網張温泉スキー場ー大松倉山ー三ツ石避難小屋ー三ツ石山ー三ツ石避難小屋 
    泊
      
11日 三ツ石避難小屋ー大松倉山ー網張温泉スキー場



大松倉山から三ツ石山








今年三回目の薪ストーブのある小屋に泊まろうです。網張温泉スキー場から三ツ石はメジャーなコースです。今年訪れた杢蔵山、翁山は誰とも会うことがありませんでしたが今回の三ツ石は貸し切りではなく先客がいました。薪ストーブはありますが薪は置いてないので各自2kg~3kg持ちあげました。



10日

スキー場のリフトを乗る予定でしたが誤算です。スキーは乗れるがわかん、ツボ足は
乗せてくれません。安全上の理由とか。理解に苦しみます。仕方なくリフト2本ぶんを歩くことになりました。


第二リフトからツアーコースに入ります。


切り開きのコースです。


少し登ると右手に岩手山が見えてきました。元気がでます。


前方に大松倉山の稜線。


緩い斜面を登り・・・


100番のところで休憩し・・・


一気に大松倉山の稜線に登りました。岩手山を背に・・・


稜線を歩き・・・


三ツ石山の見えるところまでやって来ました。


下って三ツ石避難小屋に到着。泊りの荷物をデポして・・・


三ツ石山の山頂へ。


三ツ石山山頂。


山頂から小畚ー大深山ー源太ヶ岳


下山します。


薪はいっぱいあります。暖かい一夜を過ごすことが出来ました。




11日

今日もいい天気です。


大松倉山から乳頭山方向。


三ツ石ー大深ー源太


網張温泉スキー場を下って行きました。



一般ルートですのでルート図は省略します。






三峰山直登ルート開拓

3月4日  メンバー:6名

内水面試験場ー南丸松保沢橋ー三峰山直登東尾根ー三峰山


三峰山へ






船形山系の三峰山は奥深く冬季の日帰りは困難なところにある。過去蛇ヶ岳経由、後白髭経由で登ったことがある。いずれも船形山頂小屋や升沢避難小屋に泊まっての山行だった。日帰りで直登できないかと地図とニラメッコして今回のルートを登ることにした。急登の難所が二ヶ所あるがクリアできれば山頂にたどり着けそうだ。





内水面試験場7時10分出発。余裕をもって少し早めの出発。


升沢林道を3km登って南丸松保沢橋へ


雪は締まっており早く着けそうだ。


デブリが何ヶ所かあったが難なく通過。


北丸松保沢橋が見えてきた。


北丸松保沢橋を渡り・・・


南丸松保沢橋を渡ると・・・


林道からお別れして緩やかな尾根に取り付く。


急登の難所を2ヶ所登りきり直登東尾根の取り付きに到着。急登の難所は写真を撮る余裕がなかったのでありません。


緩やかな・・・


広い尾根を登って行きます。三峰山へ直登できる東尾根です。


右手に薬師森


三峰山へ。


樹林帯を抜けると船形山ー薬師森ー前船形山の絶景です。


三峰山の山頂が見えてきました。近くて遠いです。


左手には後白髪山。


山頂へ一人元気に登って行きます。


山頂に到着か? ここではありません。


振り返ると北泉ヶ岳ー泉ヶ岳。このアングルはいいですね。


三峰山山頂に到着しました。疲れましたがうれしいです。


下山します。


前方に北泉ヶ岳、泉ヶ岳を眺めながら下山。


緩やかな尾根を滑って急な坂を下って・・・


升沢の野営場に到着しました。

3年越しの計画やっと実現しました。









プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ