パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2017年03月

朝日山系・白太郎山、飯豊山系・風倉山

3月25日~26日  メンバー:10名

25日 五味沢ー白太郎ー五味沢      梅皮花荘 泊
26日 小玉川公民館ー樽口峠展望所ー樽口峠ー風倉山ー宝泉寺尾根ー小玉川公民館



25日 白太郎山

白太郎山頂へ





山形県小国町の北部に白太郎山がある。山頂から朝日連峰が一望できる。天気が良ければ、今回は天気はよさそうだが・・・




五味沢の県道から登り口を切り開いて登って行きます。


昨日20cmほど降った新雪で少し沈みますが早いペースです。


10人いれば先頭交代してラッセルすれば・・・


難なく山頂に到着。


山頂から朝日連峰の眺めは・・・  大朝日岳は雲の中ですが袖朝日岳はかすかに見えます。


前方の尖った徳網山を望みながら下山です。


雪庇帯を避け・・・


下山していきます。


登山口に近づいたところで一本。


小国駅の近くで買い出しして飯豊山の登山口へ向かいます。玉川集落から飯豊山系が見えてきました。今夜のお宿は梅皮花荘です。








26日 風倉山

樽口峠展望所より飯豊の山々






今日は樽口峠から飯豊山の展望を楽しみ地図には山名が記載されてませんが風倉山へ向かいます。参加者10名全員初めて登る山です。




朝少し早く起きて民宿奥川入から西俣ノ峰の見に来ました。


スキーとわかんのトレースが・・・  冬季は飯豊山荘方向の道は危なくて通行できないので西俣ノ峰から飯豊の主稜線に取り付きます。


さて、我々は飯豊の景色を楽しみに小さな山へ向かいます。小玉川の公民館前に車を停めさせていただき出発です。


樽口峠へ向かいます。


30分ほどで樽口峠の展望所に到着。樽口峠から飯豊の山々は絶景です。


車道を少し歩いて樽口峠へ。樽口峠から尾根に取り付きました。   


いい尾根が続きます。


登って・・・


下って・・・


風倉山に到着。標高はわずか744mです。飯豊です。雪深いです。いい山です。


小さく尖った鉾立山にえぶり差岳。


石転び沢の稜線に梅皮花小屋がかすかに見えます。


樽口峠へ下って行きます。


下りは小玉川集落にある宝泉寺への尾根へ。


小玉川の集落が見えてきました。


小玉川集落から小玉川公民館へ。








広域図

















祭畤山敗退

3月19日  メンバー:6名

祭畤スノーランドー祭畤山直下(敗退)



一関から栗駒山の須川温泉へ行く道の途中に祭畤山(まつるべやま)があります。山麓に祭畤スノーランドスキー場、祭畤温泉があります。スキー場から見ると簡単に登れそうな山です。夏道はありません。




祭畤スノーランドスキー場から祭畤山。簡単に登れそうです。しかしよく見ると至る所に雪崩の跡が・・・


一旦下り小さな沢を渡り尾根に取り付きました。


快適な尾根です。


いい天気です。快調に登って行きます。しかしですね。頂上直下の尾根の手前で嫌な感じです。偵察に行ってきます。


40度ほどの斜面をスコップをピッケル代わりにして登って行くと・・・


真上に亀裂が入っております。少し踏み込むとブロック雪崩が・・・   下からまだ死にたくないと。撤退です。


下山します。あと15m登れば山頂直下の安全な尾根に取り付けたのですがね。


スタコラサッサと・・・


全員無事に下山してきました。


気温が上がり亀裂が入り全層雪崩の危険性があったので撤退やむなしです。











吉田川サイフォン

3月18日  メンバー:6名

富谷市しんまち公園ー長楽寺ー志戸田用水路ー吉田川堤防ー吉田川サイフォンー
大郷道の駅(昼食)-しんまち公園



宮城県北部の大和町、大郷町を流れる吉田川は大雨が降ると水位があがり氾濫する危険性がある。鳴瀬川と合流するが鳴瀬の水位が増すと吉田川に逆流して氾濫してしまう厄介な川だ。




富谷市しんまち公園の駐車場に集合して出発します。


面白いお寺があるので寄ってみよう。


長楽寺です。


この観音堂が面白いのです。黒川三十三観音の第三十番目の札所です。お堂の中にある観音様の底部に十字架が刻まれており隠れキリシタンのお寺だったようです。お堂の作りも面白く・・・


底部の土台は十字になっています。


お寺からトボトボ歩いて・・・


志戸田地区の穀倉地帯を眺めます。水路で苦労した地帯で水路を見学に・・・


志戸田の現在の用水路です。


江戸時代の志戸田用水ずい道です。この地区は用水路のお陰で10坪のたんぼで四斗
の米が獲れた田(四斗田)から志戸田と言われているそうです。


吉田川の堤防を・・・


走り・・・


吉田川サイフォンに到着。鶴田川です。


吉田川の堤防です。


高城川です。



吉田川サイフォンとは吉田川の河底に鶴田川(上流)高城川(下流)が流れています。吉田川に合流すると増水時、鶴田川、高城川が氾濫するので人工的にトンネルを掘ったそうです。この地区は品井沼という地名で川は氾濫するのが常であり沼地だったようです。









松島周辺ポタ

3月16日  単独

松島町無料駐車場ー元禄潜穴ー品井沼駅ー富山ー名籠八坂神社ー松島海岸ー
西行戻しの松ー松島町無料駐車場



昨日は寒く雪が降ったが今日は陽が指し温かい。こんな日は家にいるより少しでも出かけたほうがいい。松島周辺をポタしてきました。




松島海岸から少し上ったところに松島町の無料駐車場がある。平日なのでガラ空きだ。湯ノ原温泉に立ち寄り写真だけ。駐車場には多くの車が停まっていた。風情のあるいい温泉です。


品井沼方向へ進むと元禄潜穴の看板が目に入ったので何度も訪れているが寄ってみた。


東北本線廃線跡のトンネルを抜け・・・


品井沼駅に到着。ここから折り返して松島海岸方向に走れば30kmくらいになる。


松島海岸方向の道は国道を避け地道の登りになるが富山観音方向の道を進んで行った。


陸前富山駅から名籠方向の道は防潮堤の工事中なのか通行止めになっていたが自転車の通行は問題なしでした。名籠地区天王崎の小高いところにある八坂神社。


神社前から奥松島。


千樽公園の海岸線を走り・・・


松島海岸の五大堂に到着。


観光客は少なめです。


松島海岸駅脇の細い道を上って行き踏切を渡り西行戻しの松へ。Googleマップで探した道です。


西行戻しの松公園から松島。


西行戻しの松


今年は山にまだ雪が残っており自転車と山スキーのスイッチは入れたり切ったりです。










裏磐梯の隠れた名山 簗部山・大早稲沢山

3月11日~12日  メンバー:6名

11日 曽原地区ースノーブリッジー簗部山  早稲沢温泉山城屋 泊
12日 早稲沢温泉ー大早稲沢山




裏磐梯に夏道のない冬期しか登れない隠れた名山がある。訪れる人はほとんどいないがメジャーな山は登りつくした感がありマイナーな山を求めて地図で眺めていると簗部山と大早稲沢山が目にとまった。登っている人がいるのではとネットで検索してみると僅かではあるが登っている人がいる。よし、行ってみよう。




11日 簗部山

曽根地区の県道から雪の壁を切り開いて登って取り付きます。


磐梯山をバックに写真を撮って出発します。


これから登る簗部山です。左右二つの尾根がありますが真ん中の沢筋を進み右側の尾根の取り付きます。


沢筋の林道を進み右手の沢が渡れるところを探しながら北上していきます。


900m地点の安全に渡れるスノーブリッジを通過し枝尾根を登って行きます。結構厳しい斜度です。女性二人頑張っています。


高度を上げていくと前日、前々日に降った重い雪が30~40cmほど積もっており先頭交代しながら厳しいラッセルをして山頂に到着。途中でもう帰ろうよと言う声も聞こえましたが山頂に到着すると来てよかったと。


林道に降りてきました。これから買い出しをして早稲沢温泉でまったりします。








12日 大早稲沢山

大早稲沢山の取り付きは早稲沢温泉山城屋から至近距離にありここから装備して出発します。


除雪最終地点の神社前から登って行きます。


昨日のラッセルの疲れが残っておりスローペースで登って行きます。


磐梯山・・・


西大巓が癒してくれます。


大早稲沢山山頂に到着。決して楽に山頂に到着したわけではありません。ザックの温度計は10℃を示しています。雪は深く団子状です。スキーでラッセルすると靴の周りに雪が纏わりつき重くて大変でした。


休憩するにはいい陽気です。


周回する予定でしたが登ってきたトレースを使ってラクチンにピストンすることにしました。


今週は裏磐梯未踏の隠れた名山2座登ることができました。
















プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ