パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2017年02月

乳頭山、秋田駒ヶ岳いずれも敗退

2月25日~26日  メンバー:16名

25日 孫六温泉ー田代平避難小屋ー敗退(乳頭山)     田沢湖温泉泊
26日 アルパこまくさー秋田駒八合目小屋ー敗退(秋田駒ヶ岳)


2日とも下界はまずまずの天候ですが登って行くと風が吹き視界不良になってきました。
少人数の山行ですと少々の悪天候でも山頂を目指すのですが16名の大所帯になると
安全に登山することになり敗退はやむなしですね。




25日 乳頭山

蟹場温泉近くに駐車し孫六温泉の手前から尾根に取つきます。


最初の急なところを登り切るとしばらくなだらかな斜面です。


黒湯温泉が見えてきました。冬季は休業中です。


ブナ林の中を過ぎると・・・


樹氷地帯です。天気が良ければ右手に秋田駒ヶ岳が見えるのですが生憎天候不良です。


田代平との三叉路に到着。右に45度コンパスを切りなおして田代平避難小屋を目指します。


視界は50mほどあるので何とか田代平避難小屋に到着。


小屋前で記念写真を撮って・・・  視界が悪いからここまでかな。楽しく滑れないもんね。


下山し始めると青空が・・・  こんなもんですね。


三叉路からブナ林帯は今シーズン1のいい雪です。


大休憩をして・・・


滑りだしましょうか。


う~ん、快適。


孫六温泉近くまで降りてきました。晴天です。


田沢湖温泉の自炊の宿で温かい鴨鍋を頂き早々に酔っぱらって寝る人、酔っぱらうほど元気になる人それぞれですが明日また元気に山へ行きましょう。




26日 秋田駒ヶ岳

アルパこまくさの田沢湖高原スキー場跡から登って行きます。


八合目までの県道は冬季キャットが入り圧雪されています。登り易いですが飽きてしまいます。


車道をショートカットしてラッセルすると山に登りに来た感じです。


1100mを過ぎると視界が少し悪くなってきました。


八合目の小屋に到着。今日も視界50mほどで風も少し強めです。小屋の中に入りまったりすると気合が抜けここまででいいか。今日も敗退です。


キャットに乗って15,6名が到着。3500円払えばラクチンできます。乗ってきたのは若い人ばかりです。年寄りは元気に下から2時間30分かけて歩きました。


小屋前で写真を撮って下山します。


ところどころ車道から離れてパウダーを滑ると快適です。


スキー場跡のゲレンデに降りてきました。


2日とも敗退しましたが温泉に入り手作りの料理を頂き大満足です。

一般ルートにつき地図は省略します。








悪雪の前烏帽子岳

2月18日  メンバー:9名

東北大学宇宙観測所ー秋山沢林道ーZポイントー1104m地点ー前烏帽子岳山頂


今週半ばの陽気で雪が解け東北大学宇宙研究所まで車が入れましたが昨夜の冷え込みで雪は氷のようにガリガリです。
今日はスキー2名、わかん7名です。こんな時はわかんが正解ですね。 



宇宙観測所で出発の準備です。


銀嶺林道と秋山沢林道との変則十字路です。


秋山沢林道を登っていきます。


林道終点から林の中に入って行き200mほど登ってZポイントに到着。右に90度方行を変えて1104地点を目指します。


南東尾根を300mほど登ると・・・


前烏帽子岳の山頂に到着。山頂から後烏帽子岳。あと1時間で後烏帽子岳まで行けるんですが誰も行こうという人はいません。


記念撮影をして・・・


下山します。この悪雪では滑れないとスキーを背負って下山する人も。


わかんは快調です。


青麻山が綺麗に見えます。


秋山沢林道にやっと降りてきました。


とても滑れるような雪ではありませんでした。ボーゲンで滑っても外エッジが埋もれてずらそうとすると引っかかりバタ~ン。10回は転びましたね。疲れた。








2017年の走り初めは雄勝半島の漁港巡り

2月16日  単独

今年は寒さが身に浸みり自転車でのお出かけは控えていましたが今日は風も弱くポカポカ陽気です。山手はまだ雪が残っているので海岸寄りの雄勝半島をぐるりと漁港巡りをしてきました。




雄勝町の旧役場は津波で壊滅し東へ3kmほどの高台に仮設の役場があります。駐車させて頂き出発しました。仮設役場前から雄勝湾。


150mほど上り下って行くと名振湾の漁港が見えてきました。


静かな名振漁港です。


集落跡を進み尾ノ崎峠の入口を少し進んでみました。藪になっています。引き返し漁港で作業している人に尾ノ崎峠から長面方行へ行けますかと尋ねると昔は道があったがもう完全に廃道ですと。


50mほど上り船越湾へ。


船越漁港です。


少し上って行くと復興住宅が完成真近です。


荒峠まで170m上って大須崎手前の海岸線。


大須崎漁港


大須崎の集落は海岸線の近くですが津波の被害は極少です。


大須崎灯台への道。


大須崎灯台


大須崎灯台から大須崎漁港。


白銀灯台方行へ走って行くとお地蔵さんが・・・ 数年前に訪れた時おばあさんが赤い前掛けを掛け直しているところでした。


白銀灯台へ立ち寄り・・・


立浜漁港、大浜漁港を通過し雄勝町の仮設役場の駐車場へ。


雄勝町の人口は10年前は4000人でしたが震災後75%減の1000人になりました。昔のように活気が戻ってくればいいんですが。











山スキー踏破119ルート99座

山スキーを始めて二十数年になる。年間20日~40日ほど行っているのでもう700日くらいは行っている計算になる。整理する意味で記憶と残っている資料でどのくらいのルートと山の数を登っているか数えてみたところ119ルート99座になる。忘れているところや連れて行ってもらっている時期は覚えていない所も数か所あるかもしれない。

山計画するのにお世話になった数冊の本がある。今のようにネット検索で容易に情報が集まらなかったので本は大変貴重な情報だった。



①東北山スキー100コース
解説文はシンプルで二万五千の地図とニラメッコしながらのルート作りは面白かった。


月山~念仏小屋~肘折ルートは快適度、体力度、ルートファインディングのいずれも★★★の星三つで充実度100%だった。


翁山は小屋の風景に魅せられ何度も訪れている。




②山スキールート図集1、2
この本もシンプルな解説文だがこんなルートもあるのかと大変参考になった。


天元台から若女平のルートは大変参考になった。


もう一つ升沢から船形山~定義のルートは踏破している人がいるんだと驚いた。よし行ってやろうと3度ほど踏破した。





③北海道の山と谷 上、下
北海道の山岳会の人たちが資料や写真を提供して北海道撮影社が編集して出来あがった本で臨場感が伝わってくる。夏尾根、沢、冬の一般ルートからバリエーションルートまで解説されている。


漁岳は山の名に魅かれ山スキーだけでなく沢登りも幾度か行っている。


富良野岳の北尾根ルートを登り下山はジャイアント尾根を滑ったことは貴重な体験が出来た。


ホコ岩の通過はビビってしまった。





今年も未踏破4座を計画しており今年中に100座踏破出来そうだ。












山形県最上町の冬限定の山二つ

2月11日~12日  メンバー:5名


11日
県道262号駐車地点ー林道荒沢線ー雪庇地点ー大森山山頂



大森山山頂直下雪庇地帯





11日は赤倉温泉の南方に聳え立つ大森山です。過去に山刀伐峠からのルート、赤倉温泉スキー場トップからのルートを登っていますが今回は県道262号から北尾根を登る計画です。




県道262号線に駐車し荒沢沿いの林道を登って行きます。


40分ほどで神社の鳥居があるところから尾根に取り付きます。


登り出しは急斜面ですが雪が硬くラッセルは少しだけです。


標高700m地点のいい斜面です。帰りの滑りが楽しみです。


雪庇地帯を過ぎ山頂のポールが見えてきました。何故かポールが建てられています。


昨年は赤倉温泉スキー場からリフトに乗ってラクチン山行でしたが今年は文明の利器を使わず下から登り切りました。上部は深雪のラッセルで苦労し途中で引き帰そうと思いましたが山頂に到着。


雪庇帯を過ぎ余裕のポーズでVサイン。


程よい斜面です。


御年?のカップルです。


少し後傾にしてトップを浮かしスイスイと滑っています。


林道に降りてきました。これから大堀温泉の自炊宿です。温泉にゆっくり入って美味しいものを作って飲み会の始まりです。









 
12日
最上町杉ノ入集落ー熊ノ返山


熊ノ返山山頂




12日は最上町の隠れ名山「熊ノ返山」です。この山も夏道はありません。冬限定の山です。程よい斜度の山スキーには絶好の山です。もちろん雪質は申し分ありません。欠点といえば雪が多すぎてラッセルが大変なことです。贅沢ですね。




杉ノ入集落の方に登り口付近を除雪して頂き駐車させていただきました。山形の人は親切ですね。雪で埋もれた田んぼの中を横切って行きます。


登るには結構厳しい斜度です。


おじさん気持ちが前に行き過ぎ身体がついていってませんよ。(550m地点)


標高700mを過ぎると緩斜面になって来ました。いい雪です。


熊ノ返山山頂です。深雪でしたが予定より早く到着しました。まだまだ若いもんに負けませんよ。


山頂からスイスイと滑る人、モタモタ滑る人ですがそれなりに苦しくても楽しむことが出来ました。集落が見えてくるともうお終いです。楽しい二日間でした。














プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ