パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2017年01月

兜明神嶽~岩神山、夏油駒ヶ岳

1月28日~29日   メンバー:11名

28日 区界ウォーキングセンターー兜明神嶽ー兜山荘ー岩神山ー区界ウォーキングセンター
    田瀬湖ロッジ泊

29日 駒ヶ岳登山口ー駒ヶ岳の手前



28日

盛岡より東へ行くと雪が少なくなります。雪があるかなと不安ですが区界ウォーキングセンターに到着。兜明神嶽のスキー場跡はススキが茂り雪積は30cmほどありなんとか滑れそうです。

区界ウォーキングセンター前で出発準備です。


ススキの合間を潜って兜明神嶽へ。


40分ほどで兜山荘に到着。小屋に入るとまったりするので兜明神嶽へ向かいます。


岩場までスキーで行けますが此処から山頂まで少しの距離ですが岩場の登りです。


兼用靴は滑ります。慎重に山頂へ。


降りてきました。余裕のポーズ。


岩神山へ向かいます。登山道を外れると藪が埋まって無いので下りの滑りは苦労しそうです。


岩神山の岩場に登り・・・


隣りの山頂へ。


ちょっと苦労しながらススキの合間をぬってなんとか滑れました。


兜山荘に泊まる予定でしたが高校生の先客が大勢で泊まるとの事で遠慮して田瀬湖畔のロッジへ向かいました。
車が横付け出来るのでお酒をどっさり買い込み宴会の始まりです。話題は豊富で新人さんはびっくりしたかも。



29日

29日は当初、兜明神嶽むかいの桐ノ木沢山の予定でしたが雪が少ないので西へ向かい夏油の駒ヶ岳になりました。二日酔いで1名ダウンです。残りの10名も二日酔い気味です。山頂まで行けますか

登山口手前の牧場まで除雪してます。右手に駒ヶ岳、左手に経塚山が見えます。遠いな~。


林道を1時間30分歩いて・・・


駒形神社鳥居の登山口に到着。


ブナの2次林です。登って行きます。


12時になったところで雪庇になった尾根に到着。山頂まであと1時間ほど必要です。今日は此処までですね。


体調不十分でも滑りになると体調充分です。


スイスイと滑って登山口へ。






晴れた翁峠、出羽峠の稜線は美しい

1月21日~22日  メンバー:10名

21日 尾花沢市高橋集落ー唐沢林道ークルミ沼ーハリマ小屋  泊
22日 ハリマ小屋ー翁峠ー黒倉山ー出羽峠ー吹越峠ー高橋集落



出羽峠(吹越山)方行から翁峠(翁山)への稜線




昨年に続き今年も翁峠です。昨年は豪雪の悪天候で高橋集落からハリマ小屋まで深雪のラッセルで7時間掛りクタクタになりました。翌日は気力がなくなり翁峠もパスして来た道を戻るという情けない結果になりました。
今年は好天の浅雪でラッセルも少しだけでしたので4時間で到着。ラクチンでした。




21日

高橋集落の方に屋根付きの駐車場をお借りして出発しました。


林道を進んで行きます。


翁山の看板のところで一休み。


翁橋を横目に見ながら唐沢林道を進んで・・・


尾根に取り付きました。


急な斜面を登りきると・・・


緩やかな斜面になり翁峠が見えてきました。


クルミ沼では水鳥が羽根を休めています。


ハリマ小屋に到着。小屋は少ししか埋まってません。


少し掘り起こし扉を開けてストーブを付けてお泊りです。





22日

4時半起床、6時20分出発です。まだ夜が明けていません。


ヘッテンを付けて登っていきます。


少しづつ高度を上げていくと夜が明けてきました。いい天気です。


目の前に翁峠が現れると元気がでます。


翁峠の山頂でバンザイ。こんないい天気は初めてです。


翁峠から出羽峠に向かいます。


ひろ~い稜線です。


快適なながい稜線です。ガスっている時は苦労しましたが今日は快適です。


黒倉山を登って・・・


出羽峠の山頂に到着。夏は道が無く藪を漕ぐことになります。


吹越峠へ向かいます。


吹越峠の鉄塔が見えてきました。いい目印です。



出羽峠から吹越峠までいい斜面です。


林道にでたところで雪が降り出しました。


高橋集落が見えてきました。お疲れ様でした。












たっぷり降り積もった雪の北泉ヶ岳

1月15日  メンバー:18名

泉ヶ岳駐車場ー水神ー三叉路ー北泉ヶ岳ー泉ヶ岳駐車場


今週半ばから雪が降りはじめ近郊の山に雪がいっぱい積もりました。天気予報は大荒れですが近郊の北泉ヶ岳ならなんとかなりそうと18名の大所帯です。




18名の長い行列です。後を歩けば踏み固められラクチンです。そのうちに先頭が順次交替になり順番が回って来ます。


水神まで1時間20分も掛ってしまいました。


北泉ヶ岳へ。


三叉路です。ここまで踏み跡がありましたが先導者は此処で引き返したようです。
ここからは深雪のラッセルです。


北泉ヶ岳の山頂に到着。3時間50分かかりました。山頂の積雪は1.5mほどありました。


帰りは黒鼻山に寄る予定でしたが登りのラッセルに時間を要したため来た道を戻ることになりました。









今年の登り初めは蔵王刈田岳

1月3日  メンバー:11名

澄川スキー場ー観光道路ー大黒天ー刈田岳



刈田嶺神社





今年の初登山は地元宮城県側から蔵王の刈田岳です。例年に比べ今年の積雪量は非常に少なく澄川スキー場も苦労しています。今日の参加者はスキーは出来ないだろうと
スキーを持って来る人は少なく3名だけでした。私はスキーとわかんの両方を持って行き現地判断にしました。スキーを持ってきた3人ともスキーで登ることにしました。





澄川スキー場から冬ルートは藪が埋まってないので観光道路を歩くことになりました。


大黒天に到着。


蔵王エコーラインの大黒天バス停の標識は吹きだまりで少し埋まっている程度です。
50cmないかも。


大黒天から刈田岳までのルートは雪が飛ばされ地肌が見えており途中でスキーをデポすることになりました。兼用靴でよちよち歩いてやっと刈田嶺神社の鳥居が見えてきました。風が強く寒いです。指先が冷え冷え。


刈田嶺神社で今年の安全登山を祈願して集合写真をパチリ。


大黒天に降りてきました。ここからはスキーは早いです。


風が強く山頂付近は厳しかったが山頂に登れいい山行ができました。







プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ