パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2016年04月

岩出山のうなぎ屋さんと栗駒町の桜田山神社

4月29日  女房と二人


うなぎが食べたくなった。女房に食べに行かないかと・・・行きたい。では、行こう。何処に行くか、登米の東海亭か岩出山の紅葉軒か。とりあえず車を北に走らせる。昨日のNHKTVで狩野英考さんの実家が栗駒町の神社だと放映していたことを思い出し岩出山経由栗駒町に行くことにしよう。よってうなぎ屋は岩出山の紅葉軒に決まりです。




岩出山旧有備館近くの紅葉軒です。先客が7~8人ほど来ていました。


お品書きです。どれにしようかな。


最初にうなぎの骨の甘露煮が出て来ました。お茶を飲みながらうまいねえ。


うな重(上)です。食べかけたところではありません。すき間がありご飯が見えています。しかもうなぎは皮の部分が上向きです。見た目はちょっとねえですが・・・
食べてみるとうめえ~え~え~。注文してから出てくるまで30分かかりました。
注文を受けてからサバクそうです。




うめえものを食べた後北へ向かいます。狩野英考さんの実家栗駒町の桜田山神社に到着。観光客は・・・いません。



鳥居をくぐって・・・


拝殿で二礼二拍一礼 → お賽銭 → おみくじ。 女房:大吉、私:吉


境内の祠


境内


境内から里。


今日も一日過ぎて行きます。







阿原山林道

4月24日  単独

陸中折居駅ー田原峠ー阿原山高原ー阿原山林道ー越路峠ー陸中折居駅



阿原山高原から阿原山





いい天気です。遠出してみよう。数年前に阿原山高原に行った時、越路峠までの阿原山林道を走らなかったのが心残りでした。6時に家を出発して北へ。年金生活の身なので高速道路は使わず下道を走ります。




陸中折居駅に車をデポして出発。今日はサドルバックです。


北上川を渡り・・・


県道折居田原線を走ります。桜越しの農村風景。


田原峠の登り口大平地区です。ここから道は細くなります。


10%くらいの上りが続きますが今日は快調です。スイスイと・・・


田原峠に到着。


此処から阿原山林道です。阿原山高原までは舗装されています。


阿原山牧場が見えて来ました。数年前に来た時は眼下のサイロ方行に下りて行きました。


阿原山高原の三角点があるところです。


阿原山方行は地道です。阿原山に登ろうかと道を探しましたが見つかりません。牧場の中を歩いて行くみたいです。


阿原山林道から振り返ると阿原山が見えます。


天狗岩牧場から天狗岩


荒れた林道を下り越路峠に到着しました。


さて、越路峠から北へ行くか南へ行くか・・・ 北へ向かいます。


こんなところにスキー場が、越路スキー場です。


国道397に合流。口沢集落です。


水沢地区の橋のギボシは南部鉄瓶になっていました。いいね。


ちょっと寄り道して黒田助千手観音に立ち寄りました。


細い道を探しながら陸中折居駅へ向かいます。











プチ山サイ 御駒山と花山文字林道

4月20日  単独

道の駅はなやまー花山青少年自然の家ー御駒山ー花山文字林道ー深山牧場ー
荒砥沢ダムー栗駒文字ー花山湖ー道の駅はなやま




深山牧場から栗駒山





プチ山サイです。花山湖から深山牧場への花山文字林道を走りたくて計画しました。
昔の地図には道はありませんが最近の国土地理院の2万5千の地図を見ると道が出来ています。調べてみると全線舗装されています。少し物足りないので御駒山も登ることにしました。花山青少年自然の家から御駒山の山頂までほんの僅かな距離です。簡単そうと思ったのですが僅かな距離なのに標高差200mあり急いで登ったので結構厳しかったです。




道の駅はなやまに車をデポし出発しました。


左へ行けば御駒山の北側、右に行けば花山青少年自然の家です。右に行きます。


5%くらいの緩い上りです。


花山青少年自然の家本館に到着。此処から御駒山直登コースがあります。小学生が100人ほどバス出来ていました。これから御駒山に登りそうです。早く出発しよう。


急ぎ足で登って行きます。三叉路です。左は急登コース、右は迂回コースです。右に行きます。


迂回コースと言えどかなり急勾配です。押せません。担ぎです。子供の声が聞こえます。急がねば。


御駒山手前の三角点です。追いつかれないように駆け足で登ったので疲れます。山頂までもう少し。


御駒山山頂です。駆け足で登ったので疲れましたが貸切です。


少し下った広場から花山湖が見えます。


彼方に大土ヶ森が。小さい山ですが急な登りがあり結構面白い山です。


山頂付近の尾根は緩やかなので・・・


乗れます。


しかしすぐに急坂になり担ぎになりました。


御駒山北側の花山文字林道に出てきました。ここから舗装道です。


少し下ったところから御駒山。


快適な下りを楽しむと・・・


11%の上りが待っていました。


前方の天狗森を過ぎれば下りです。


深山牧場に到着。草がまだ生えていないのか牛さんはまだいません。


300mほど下って少し上って荒砥沢ダムに到着。


いわかがみ方行へは行かないで文字の方へ下って行きました。荒砥沢集落の畑でおばあさんが畑仕事をしていました。


「文字甚句と藍の館」で休憩。


栗駒文字の集落を過ぎ・・・


細倉から小さなアップダウンを繰り返し花山湖に到着。満水です。キャンプ場は少し水に浸かっていました。


桜の木の下でヘラぶな釣り人が5人ほど。道の駅はなやままであと3km。














県北の花見ラン

4月16日  メンバー:5名

南方道の駅ーみなみかた千本桜ー平筒沼ー北上川ー登米ー中田町ー佐沼




登米町 本覚寺のしだれ桜





仙台サイクリングクラブの花見ランです。南方町の道の駅に集合して県北の花見の名所を巡ります。走行距離は60kmですが標高差がないのでラクチンです。




南方道の駅を出発して旧迫川へ向かいます。


旧迫川沿いの「みなみかた千本桜」です。満開を少し過ぎた感じですが間に合いました。


菜の花とのコントラストもいいです。


東へ進み平筒沼に到着。少し小ぶりの桜ですが水面に映る桜は綺麗です。カモさんが出迎えてくれました。


平筒沼をくるりと一周して・・・


坂道を登って・・・


北上川の堤防を走ります。綺麗な菜の花ですが逆光です。


順光ですと後ろ姿も花も綺麗です。


登米の名所を 旧登米警察署


登米の名所 旧登米尋常小学校


お昼ご飯は登米の遠山の里で名物の油麩丼をいただいて北へ進み長谷山の遮那桜です。


佐沼の町に入り


最後の桜見物は山王桜です。



今年の桜は例年より10日ほど早いです。当初4月23日の計画でしたが1週間早めて16日は正解でした。







山サイ、牡鹿半島大六天山

4月12日  単独

女川希望の鐘商店街ーコバルトラインー大六天登山口ー三国神社ー大六天山ー
展望台ー野々浜ー女川漁港ー女川希望の鐘商店街




展望台付近のイヌブナ林





今日の天気は晴天で風向きは午前中は北風、午後から南風に変わります。こんな時は追い風に乗り走りたいものです。地図を眺めながら牡鹿半島にしよう。プチ山サイもしたいので大六天山もコースにいれました。




いい駐車場がありました。コバルトラインの入口にある希望の鐘商店街の駐車場から出発しました。


コバルトライン9%の上りを少し登ると女川湾が見えて来ました。


大六天望駐車場です。女川湾の彼方に煙突と送電線が見えます。女川原子力発電所です。事故が起きれば石巻、仙台の被害は甚大です。早く廃炉にすればいいのに。


登山口は大六天望駐車場の向かいです。


登り出しは急ですが・・・


標高70mほど登ると緩やかになりました。


乗れます。山頂に向かいます。


山頂手前の分岐を左に曲がると三国神社が見えて来ました。


三国神社です。


分岐に戻り少し登ると大六天山山頂に到着。


山頂から少し下って行くと天望台の標識がありました。小高い所に立ち入り禁止の天望台がありました。登っても天望は悪そうです。


山頂からコバルトラインまで林道が通っています。山頂に東北電力の電波塔と送電線の鉄塔があるので点検用の林道のようです。


コバルトラインに出て南下し分岐を東方へ。野々浜に下りて来ました。


海岸線のアップダウンを幾度も繰り返し女川漁港に到着。


コバルトライン、野々浜から女川までの道はダンプがひっきりなしに走っています。
しかし、ダンプのマナーはいいです。乗用車が後につけばハザードランプを付けて追い越させます。自転車を追い越す時は対向車がいない時に大きく離れて追い越して行きました。











プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ