パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2016年01月

兜明神嶽、岩神山、桐ノ木沢山

1月30日~31日  メンバー:9名

30日
ウオーキングセンターー兜明神嶽ー岩神山ー兜山荘  兜山荘泊

31日
兜山荘ーウオーキングセンターー桐ノ木沢山



夜明け前の兜山荘




ブログ仲間「タラさん」のブログを参考に昨年訪れいい山だったので今年も訪れました。今年は岩手県も雪が少なく例年より1mほど少なく感じます。





30日

区界高原ウオーキングセンター駐車場から出発します。


隣りに岩手県NO.の車があったので兜明神嶽に登る人ならひょっとして「タラさん」がいらっしゃるかもと声をかけてみると知り合いとの事。あす桐ノ木沢山へ登るよと。私達もあすは桐ノ木沢山です。


スキー場跡を登って行きます。雪が少なく萱が顔を出しています。


40分ほどで今夜のお宿兜山荘に到着。泊まり荷物をデポして兜明神嶽へ。


スキー靴では登り辛く山頂直下は少し緊張します。


         山頂は狭く接写でパチリ。縮小してペタン。


下りは登りよりきびし~い。


全員無事下山し岩神山へ。


岩神山の岩場山頂に到着。


下りは雪が少なくブッシュが出ており厳しい滑りです。


小屋に到着し夕食の準備です。まずは雪を溶かして水作りからです。トン汁を美味しくいただき・・・


私のデザートは「あずきあんみつ」です。ウメェ~。


夜が更けて来ました。おやすみ。



  - - - - - - - - - - - - - - - - - -




31日

兜山荘を夜明け前に出発し薄暗い兜明神嶽のスキー場跡のゲレンデを滑りウオーキングセンターへ。


林道除雪最終地点が桐ノ木沢山の登山口です。


1時間ほど登ったところで「タラさん」が追いついて来ました。ブログではいつもお世話になっていますがお会いするのは初めてです。


桐ノ木沢山山頂です。


ブッシュがいっぱい出ておりますがいい雪なので快適に滑れます。いい斜面です。でももっと雪がほしいなあ~。


岩手県はいい山、いい小屋がいっぱいありますね。














翁峠・ハリマ小屋

1月23日~24日  メンバー:11名

23日 高橋集落ー翁橋ー唐沢林道ークルミ沼ーハリマ小屋 泊
24日 ハリマ小屋ークルミ沼ー高橋集落




厳しいラッセル7時間、到着しましたハリマ小屋





やっと雪が積もりました。いよいよ山スキーシーズンの到来です。尾花沢の名峰・
翁峠の計画です。尾花沢地区は先週から1週間ほど連日雪が降り一面雪景色です。
降り積もったばかりの雪は深く重くなっており行く手を阻みます。途中でもう無理だ引き返すかなと思うほどでした。



23日

いつもお世話になっている高橋集落の方に駐車場をお借りして出発です。


高橋集落から林道を経て翁橋へ。


翁橋手前の林道分岐に到着。


ザックをおろして休憩。


翁橋を渡らず唐沢林道を登って行きます。


スキー隊が先行してラッセルをして進みますが・・・


たまにはスノーシュー隊が先行してラッセルしますが腰近くまで沈んでしまいます。


唐沢林道から壁を登りクルミ沼へ。登りは若い人にラッセルしてもらい・・・


それなりの年配者は追随します。


ここを登りきれば平らなクルミ平です。


クルミ沼に到着。少しだけ顔を出しています。


クルミ沼まで来ればハリマ小屋まで日暮れ前に着きそうです。


ハリマ小屋が見えて来ました。ヘトヘトです。でも着きました。頑張りました。



   ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー


24日

夜明け前です。本日どうするかミーティングです。翁峠に登るか・・・
疲れている。昨日の様なラッセルはもう出来ない。これから天気が荒れる等々、消極的な意見が大勢です。充分満足した。帰ろう。そうと決まれば


少し心残りですが引き返しましょう。


昨日のトレースが残っていましたのでラクチンです。


林道を進みクルミ沼へ。


クルミ沼には水鳥が羽根を休めていましたが・・・


近づくと飛び立ってしまいました。


クルミ沼を通過し・・・


雪原へ。いい景色です。


あれ、晴れて来ました。翁峠がみえます。天気予報は大荒れになるはずだったのに。


下りのスキーを楽しみましょう。


唐沢林道まで下りて来れば一安心です。


高橋集落が見えて来ました。


駐車場をお借りしていた方より到着すると暖かいぜんざいを用意していてくれました。おかみさんありがとうございます。


山頂は踏めませんでしたが充分雪と戯れることが出来ました。80%満足。















蔵王山系・名号峰

1月17日  メンバー:17名

峩々温泉ー猫鼻ー名号峰(ピストン)


名号峰山頂直下





仙台近郊の蔵王に名峰・名号峰があります。冬山のクラシックルートで昔はよく登られていましたが最近はあまり登る人がいないようです。10年ほど前に初めて登り山頂から雁戸岳の景色に魅せられもう5,6回は登っています。今日は薄曇りです。絶景が迎えてくれますか・・・




峩々温泉です。停まっている車はあまりなく宿泊者は少ないようです。


夏道の登山口です。いつもは青根温泉への道を200mほど進んだ冬尾根から登るのですが今日は雪が少なく夏道から登れます。スキーを持ってきた人が多くいましたがこの雪では無理です。全員つぼ足→わかんです。


夏道は雪が少なく初めはつぼ足で登れます。


青根温泉・紅葉台方面からのルートと合流する猫鼻です。青根温泉から登った事もありますが山頂まで届きませんでした。


クラシックルートの証しとも言える富士フイルムの看板があります。


1346m付近で大休止。


山頂直下の最後の登りです。あと少しですがなかなか着きません。疲れています。


名号峰山頂に到着。生憎曇っています。視界はありません。残念。


少し下ったところでランチタイム。


元気に下って行きます。


峩々温泉までもう少し。


峩々温泉が見えて来ました。到着です。7時間20分の行程でした。


若い人は馬力がありますね。もう先頭でラッセルする事が無くなったのでラクチンのはずですが年々きつくなってきました。










細野集落から白鷹山

1月11日  メンバー:10名

細野集落ー冬尾根ー夏道ー白鷹山頂



白鷹山山頂の福満大虚空蔵尊





1月中旬というのに山形県も雪が少ないです。例年だとこの時期だと登山口で1m近く雪が積もっているのですが今年は10cm程度です。冬道も藪が埋まっていないので藪漕ぎから始まりました。




白鷹トンネルを1kmほど下った細野集落から出発です。


小滝越えの林道を歩いて冬尾根に取り付きます。


雪が少なく藪漕ぎです。


夏道と合流しました。藪漕ぎが無くなると少し寂しそうにしている人もいます。


山頂近くなると少し深くなってきました。わかん不要です。ツボ足で登れます。


山頂に到着。


小屋へ入りましょう。


山頂の小屋です。中央に囲炉裏があり薪もたっぷりありました。


小屋でたっぷり休憩して下っていくと眼下に国道348号が見えてきました。


下りは早いです。


山スキーが出来る山ですが今日は全員わかんです。あと1mほしいところです。










新春ラン

1月3日  メンバー:8名

仙台市内ー陸奥総社宮ー塩竃神社ー御釜神社ー七ヶ浜多聞山ーめしの半田屋(昼食)
沖の井ー末の松山ー仙台市内

走行距離:50km  標高差:少し




仙台サイクリングクラブの新春ランです。朝方は少し路面は濡れていましたが走り出す頃は気温も上がり無風の絶好のサイクリング日和です。





コースの途中にあるI氏宅に立ち寄り玄関前で御神酒をいただき新年のご挨拶。


初詣でに塩竃方行へ


先ず立ち寄った所は塩竃神社以外の神社が祀られている陸奥総社宮へ。


御賽銭は近年にないほどいっぱいしました。本当です。


塩竃神社です。


塩釜の地名由来の御釜神社です。


本殿の奥に小さな社がありました。ご利益がありそうです。


松島が望める多聞山のピークです。三角点の標高は46.8m。


少し下った所に展望所があります。眼下にある太陽光発電設備が景観を損ねています。


46m下って浜へ。


海岸寄りの道は復興半ばです。


お昼ご飯は「めしの半田屋」で・・・ エビ、野菜、かき揚げのてんぷらにキムチ、
味噌汁、ご飯と豪華です。お会計は375円です。


贅沢なお昼ご飯をいただき快調に「沖の井」へ。小野小町が古今和歌集で歌っているそうです。


すぐそばの「末の松山」へ。ここも後拾遺和歌集で清原元輔が歌っている所です。


2016の新春ランは神社3ケ所で新年の御参りと隠れた仙台の名所巡りでした。





プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ