パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2015年09月

越後米沢街道・宇津峠、桜峠

9月27日  単独

小国駅ー(輪行)-手の子駅ー宇津峠ー桜峠ー不動出生橋ー極楽峠ー小国駅




宇津峠古道入口の落合地蔵尊





越後米沢街道十三峠は今年の春に黒沢峠、夏に朴ノ木峠、萱野峠を越えており今年中にもう少し行っておこうと宇津峠、桜峠を計画しました。白い森おぐに湖に架かる不動出生橋は10月になると湖面に沈んでしまうので9月の好天日に出かけた。





小国駅まで車で行き米坂線に乗って手の子駅まで輪行です。8時23分発の電車に乗るために自宅を5時出発しました。


手の子駅からしばらくは快適な裏道でしたがやがて交通量の多いR113号を走り・・・


宇津峠の古道入口に到着。ちょこっと担ぎあげ・・・


落合地蔵尊にご挨拶。


ジムニーなら走れそうな道です。


やがて山道になりました。


峠近くなると緩やかになりこの辺は乗れます。


宇津峠の手前で三叉路のなっており右が宇津峠、真っすぐ進むと宇津大明神碑がありました。急な山道なので三叉路に自転車を置いて宇津大明神へ。


宇津峠です。小さな標識があるだけです。


下りの道も100%乗車可能な道です。


下りて来ました。新道R113の宇津トンネル出口が見えてきました。


再びR113を走り桜峠方行の県道を少し走ると小さな峠、才ノ頭峠です。お地蔵さんが壁の上にあるのですが藪になっています。少し進んで行くと下から声が掛りました。


マムシがいるよと・・・おばあちゃんが教えてくれました。90才で一人暮らしです。昔はこのあたりは街道のお休み処だったようです。おばあちゃんと30分も立ち話をしてしまいました。


桜峠です。3~5%くらいの上りなのでラクチンな道です。


下って行くと水が抜かれた「白い森おぐに湖」が見えてきました。


湖畔に下り大イチョウ広場でお昼ご飯です。左奥に見えるのが「不動出生橋」です。
6月中旬から9月末まで水が抜かれるので橋が顔をでします。10月になると満水になり水の中に沈んでしまいます。


不動出生橋を渡り・・・


黒沢峠方行へ。


黒沢峠は今年の春に行っているのでパスし黒沢林道から叶水大橋へ。


もう一つ峠越えを・・・ 極楽峠です。たぶん。いつ来ても何処が峠か解らない所です。


小国の町が見えてきました。


小国駅に到着。車を停めて置いたので待ち時間なしで帰途につきます。


走行距離、標高差はあまりありませんが変化に富んだ面白いコースでした。自宅から145kmあり帰り道の遠い事。













福島県月舘町から飯館村へ

9月19日  メンバー:6名

月舘町役場ー山津見神社ー佐須集落ー綿津見神社ー草野地区ーR399-月舘役場


飯館村はまだまだ帰還困難です



飯館村の山津見神社が再建さてたので見学がてら飯館村の現状を肌で感じようとSCCのメンバー6人で出かけました。




月舘町役場に6人集合しました。


役場の放射線量計は0.14を示していますが・・・。コンクリート上に設置されてしかも回りは綺麗に除染されたところですからね。


飯館村へ向かいます。


月館町と飯館村の国境です。昨年訪れた時に放射線量を測定している係員の方と遭遇し測定しているところを見せていただきました。40kmの道路標識あたりで5μsvでした。


山津見神社です。外見は立派に再建されていました。しかしまだ内部が出来あがっていないのか御神体は来年に奉納されるようです。


除染された土が山積みです。決して除染された訳ではありません。移染されただけです。


佐須集落へやってきました。避難指示解除準備地域です。


人影はありません。私達だけです。


道路脇は除染された黒い袋が積んであります。


綿津見神社です。


草野地区にやってきました。居住制限区域です。小学校は休校中です。


どこにでもあるセブンイレブンです。草野地区にとっては貴重なお店です。居住制限区域ですので住民はいませんが作業従事者がいますので最近開店したそうです。


ロマンチック街道と言われていたR399です。月舘町に向かって上って行きます。


町境に着きました。下りガ待っています。


月舘役場近くの布川山神崖仏に寄ってみました。



放射能は目に見えませんが結構緊張しながら走りました。作業されている方は大変でしょうが我々は1日だけですので問題ないようです。
















my 自転車 TOEI ロードレーサー


TOEI ロードレーサー(1978年製)





1978年に作ったTOEIのロードレーサーです。当時はロードレーサーといえばビアンキ、デローザなどイタリアの完成車が多くありましたがオーダーしたほうが面白いと思いフレーム設計に少し時間が掛りましたがTOEIに作ってもらいました。
こだわったところはフロントフォークの曲げ方(クラウンからエンドまで均一)チェーンステイの長さ(410mm)、カンパロードエンドにメッキ、チネリのラグのヤスリかけです。チューブは当時オーダーする人はコロンブスのSLが多かったのですがなんと丹下のNO.1にしました。



各パーツ

チェーンホイール:カンパレコード 50×42
ペタル:カンパレゲロ
FD:カンパレコード


RD:カンパレコード
チェーン:エベレストスペシャルオロ
カンパロードエンドのメッキ処理


Wレバー:カンパレコード
ヘッド:カンパレコード


ブレーキ本体:カンパレコードショート


ブレーキレバー:カンパレコード
ステム:チネリ1A
ハンドル:チネリ:ジロデイタリア


ハブ:カンパレコード100×126
フリー:サンツアーウイナー13~23(6段)


リム:グランボア クリンチャー
タイヤ:グランボア 25C


サドル:ユニカNO.2
ピラーはなんとジュラエースです。


チネリのラグとシートステイの蓋
インフレータはシリカです。シリカの上部の形はチネリのラグの形状に合わせて作られています。


この自転車を作った時のボーナスの残金は0円でした。女房から子供のミルク代が無いと泣かれたことを思い出しました。














十王峠から羽黒山へ

9月16日  単独

朝日村体育館ー(六十里越旧道)-十王峠ー七五三掛集落ー大日坊ー大網放牧場ー
出羽三山神社ー朝日村体育館




旧道から車道に下りると十王峠のお地蔵さんが見えてきた。





先日雨の為途中で敗退した六十里越街道十王峠から羽黒山へ出かけた。4時30分起床、5時出発、朝日村の体育館に7時30分到着。高速道路は使わず下道だけですが
早朝は道路が空いており高速道路並に走れる。降水確率0%の好天なので旧道を少し歩いてみよう。



前回にいい駐車場を見つけました。通り道にある朝日村の体育館です。50台くらい停められます。本日の駐車台数は1台だけです。


本明寺を通過し十王峠への車道を進みます。ここから400m上ります。


350m上った所に旧道入口がありました。50m押し上げれば旧道の十王峠です。


庄内平野一望坂です。彼方に鳥海山が見えます。


20分ほどで旧道の十王峠に到着。眼下に七五三掛の集落。


峠はいい休憩場になっています。


車道の峠もいい雰囲気です。


急坂を下り七五三掛集落に到着。昔の地図ではこのあたりに数軒の民家があったのですがもう少し低いところに移ったそうです。


大日坊へは今回も寄ってみました。


大網集落から350m上ると大網放牧地です。鉄条網が外されており牛さんは見当たりません。牛さんはいませんがいい景色です。


研沢山の麓を通り過ぎ下って行くと一面高原野菜畑です。


櫛引町にやって来ました。この辺から新しい道が出来ており手持ちの地図と道が違います。コンパスを羽黒山に合わせて適当に走って行くと・・・


出羽三山神社に到着しました。鳥居を潜って石段を上って行くと五重塔から羽黒山の道が続いております。何度か行っているので此処までにしておきます。


羽黒山御参りの宿が手向宿坊街にたくさんありました。早池峰の岳と同じように各宿には「坊」がついています。
大進坊です。


田村坊です。


大鳥居を通過して・・・


庄内自転車道を経由して朝日村の体育館駐車場へ。



前回敗退しただけに完走できてすっきりしました。













TOEIロードで大倉ダムへ

9月12日  単独

昨日まで大雨でしたが今日は朝から晴れです。しばらく乗ってなかったTOEIロードで自宅から近くの七北田ダム、大倉ダムを周回してきました。通行止めが数か所あり迂回すると結構な距離になりました。



ロードでも泉ヶ岳への農作業道は定番コースです。


七北田ダムの裏道は崖崩れで通行止めです。このくらいは乗り越えていかなくては前に進めません。


表道に出ましたが此処も崖崩れで通行止めです。ここも行くしかないですね。迂回道がないので。


通過は出来ましたが泥んこです。自転車用の靴はここ数年Loweのサッポロです。


七北田ダムの湖畔で靴と靴下を洗って乾かします。30分待ちましたが乾きませんね。履いてるうちに乾くでしょう。大倉ダムへ向かいます。


順調に大倉ダムに到着しました。満水です。


全開で放流していました。


大倉ダムから赤坂への道は通行止めになっており迂回して自宅へ。

走行距離:55km  標高差:500m




プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ