パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2014年12月

今年を振り返って

今年もお越し頂きありがとうございます。今年は里山を始めました。今年の山、自転車等で出かけた日数は114日でした。
 
 
 
冬山    :31日
里山・夏山等:38日
自転車   :45日  走行距離:2110km  標高差:21350m
 
 
 
冬山
毎年恒例の翁山ハリマ小屋。1月初旬ですが3mほどの大雪でした。

 
 
 
里山
今年から始めた里山です。登山道のない山を中心に藪漕ぎ、沢を使っての里山はたいへん面白い山登りです。

 
 
 
自転車
真昼岳林道。毎年計画はするものの見送りすることが多く今年は気合を入れて走ることが出来ました。

 
みなさま、よいお年を。

SCC納会ラン、すってんころり

12月23日  メンバー:6名
 
柴田町ー白石蔵王駅ー斗蔵山ー・・・・
 
 
斗蔵山付近

 
 
 
SCCの納会ランです。この時期は福島県の海岸が良いのですがまだまだ放射能の数値は高くて近寄れません。宮城県の比較的温暖な柴田町から角田市へのランになりました。
 
 
 
柴田町の郷土館前の駐車場から出発。

 
たんぼにはまだ雪が残っていますが道路は乾いています。

 
白石蔵王駅で一休み。

 
角田市方行へはいくつものアップダウンがあります。

 
休憩は良いのですが寒いです。長くは休憩出来ません。

 
凍結した路面は慎重に。

 
乗れない所は押して登ります。

 
乾いた路面を探しながら斗蔵山方行へ。

 
本日の最高地点です。

 
この後、すってんころり。やっと復活しました。CT検査も異常なし。たぶん元気です。
 
 
 

後烏帽子岳

12月14日 澄川ー後烏帽子岳  メンバー:9名
 
 
 
澄川徒渉

 
 
 
宮城県にも寒波が押し寄せ雪がどっさり降りました。澄川スキー場は130cmの積雪です。降ったばかりの雪はまだ下草を押さえつけていないのでふかふかのズボズボです。今日はスキーは使わないでわかんで歩く体力鍛錬山行です。
 
 
 
澄川ロッジから観光道路を聖山平へ。観光道路は圧雪車が入るのでラクチンです。

 
観光道路を離れ澄川方行へ。小さな沢がいくつもあり結構手間取ります。

 
澄川の徒渉です。普段は10mくらいの川幅があり飛び石を使って簡単に渡れるのですが今日は川が雪で8割方埋まっており深くなっています。簡単そうに見えますが徒渉地点を探すのとルート作りに30分ほど掛りました。

 
蔵王山岳会小屋の手前です。11時30分です。後烏帽子岳の頂上まであと1時間30分ほど掛ります。陽が短いのでここで引き返しましょう。

 
山頂まで行けませんでしたが充分雪と戯れることが出来ました。
 
 


第2次サイクリングブーム

第1次サイクリングブームは短期間に終わってしまい昭和39年の東京オリンピックが引き金になり第2次サイクリングブームが始まった。
 
 
指導員講習会風景(昭和40年)
JCAが設立され各地でサイクリング普及のため指導員を育成した。
1日目は講習会を受講し、その後筆記試験があった。合格者(全員合格)は翌日実技試験があった。地図を渡されて走行距離100km、標高差700mを完走すると指導員の資格が授与された。  

(資格証書はどこにいったのか、今となってはもう何の価値もないのでいいや)
 
 
 
サイクリング風景(昭和42年)
マスプロ車が軽快車を売り出しブームが広がった。ブレーキがロッド式からワイヤーに、変速は後ろ3段の内装または外装が主流、ハンドルはアップライト気味であったが悪ガキどもはひっくり返してセミドロップにして乗っていた。

 
テレビのCMで「自転車はブリジストン、僕の自転車ブリジストン」というのがあったが買ってもらえないガキどもは「自転車はブリジストン、隣りの自転車ブリジストン」と歌っていたことを思い出す。
 
(写真はSCC50年史より)
 
 

2014年ACF忘年会・上野村すり鉢荘

12月6日  上野村名栗ー天丸トンネルー雁掛トンネルー八丁トンネルー
       志賀坂トンネル(単独)    上野村すり鉢荘 泊   
 
12月7日  上野村すり鉢荘ー仙台
 
メンバー:18名(宿に集まった人数)
 
 
 
天丸トンネル

 
 
 
恒例の群馬県上野村名栗沢のすり鉢荘集合の忘年会です。以前は国民宿舎やまびこ荘でしたが7~8年前から「すり鉢荘」に変更しました。恒例の忘年会はもう40数年続いています。上野村へ行くには数多くのルートがあります。塩ノ沢峠、十石峠、ぶどう峠、志賀坂峠、矢久峠、土坂峠等々。さて今年は何処から走ろうか。ちょっといつもとは違って上野村から走りだし秩父、西上州のトンネル巡りを計画しました。今年は寒くて道は凍っており厳しい単独でのランになりました。
 
 
 
上野村名栗地区に車を停めて天丸トンネルを目指して出発しました。気温は-2℃です。

 
奥名郷の集落。大学生が生活の様子を卒論にと取材をしていました。

 
高度を上げて行くと雪道になりました。通行止めの標識があったような気がします。

 
天丸トンネル付近から登って来た道が眼下に。

 
天丸トンネルからの下りはしばらく舗装されていました。凍った雪道なので慎重に乗って下りてました。地道に変わると雪もなくなり素掘りのトンネルを通過して雁掛トンネルへ。

 
こんなゲートがあると通行止めだとはっきり解ります。それでもゲートには鍵がかかっておりません。簡単に開きました。

 
雁掛トンネル

 
両神山八丁峠コースの登山口です。ここからひと登りで八丁トンネルです。

 
八丁トンネルです。標高1200mです。うっすらと雪が積もっています。

 
これから下って行く道がみえます。日陰は凍っています。慎重に。ここも通行止めの看板があったような気がします。

 
志賀坂トンネルです。ここまで来れば安心です。ここはもう国道299です。

 
すり鉢荘での忘年会風景。ゲストを含め18名の大宴会になりました。UCC杉山グループのメンバーとも御一緒しました。

 
12月7日朝 すりばち荘前。秩父、下仁田等へ各自走って帰路に着きます。私はここから車で仙台へ。

 
 
今日の1台
銘車「アルプスクラブマンエース」です。萩原慎一さんプロデュースの昭和32年製造です。もうほとんど使い物にならないくらいの状態でしたが「港町さん」見事に復活させました。第1次サイクリングブームの銘車ですね。当時の大学卒初任給の5ヶ月分くらいしたそうです。まだまだ自転車が高価なこともあり第1次サイクリングブームは短期間に終わってしまいました。

 
 
凍りついた通行止めの道を単独で走ると登りの厳しさより下りの不安の方が勝っておりました。
 
 
 
 


プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ