パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2014年09月

真昼岳林道

9月28日  単独
 
ほっと湯田駅ー真昼温泉ー真昼岳林道ー横手駅ー(輪行)-ほっと湯田駅
 
 
 
 
真昼林道(秋田県側)
eae2ce1e.jpg

 
 
 
真昼岳林道は計画はするものの中々踏ん切りがつかず先送りになっていた。厳しい林道なので早く行っておかなければその内行けなくなるかもしれない。昨夜も計画はしたものの乗り気でなかった。代案として中新田町のポタもいいかもと弱気のまま寝てしまった。朝になりなんだか昨夜の弱気がうそのように行く気充分だ。よし出かけよう。
 
 
 
 
北上線ほっと湯田駅から出発しました。

 
1時間ほどで真昼温泉に到着。いい温泉なんですが入ってしまうと此処で引き返してしまいそうです。

 
真昼温泉を過ぎ標高400mあたりから地道になります。まずまずの路面です、

 
真昼岳兎平の登山口です。

 
少し進むと通行止めの看板がありました。登って行くとバイクで下って来た人とすれ違いました。林道の様子を聞くと崖崩れで通行出来なかったとか。自転車はどうかと尋ねると担げば行けそうだと。

 
足幅20cmくらいあり担いで通過。左側は谷底です。

 
道が荒れてきました。ヘロヘロ。

 
なんとか最高地点に到着。真昼岳峰越登山口です。山頂まで2.5km。1時間30分で登れる一番簡単なコースです。秋田県側から来た車が数台あり道は締まっているかもと期待です。

 
最高地点を少し下った所から真昼岳への山並。

 
見晴台から真昼岳。道は砂利がいっぱい入っており自転車には厳しいです。

 
峰越口と赤倉口との分岐。

 
千畑町の集落が見えてきて舗装になりました。地道の25kmは厳しいです。荒れていてサドルに腰を掛ける事が出来なかったので足、腕、首、がパンパンです。

 
横手駅からほっと湯田駅まで輪行

 
 
ヘロヘロです。
 
 
 

 

羽前街道・四方峠

9月23日 単独 
 
川崎町ー四方峠ー蔵王町ー村田町  走行距離:40km  標高差:400m
 
 
 
四方峠
bd469daa.jpg

 
 
ゆっくり、のんびり、四方峠周辺をぐるりと一回り。
 
 
 
川崎町側羽前街道四方峠入口

 
黒瀧不動尊

 
毒清水

 
四方坂

 
旧道

 
八丁清水

 
旧道出口

 
通行手形吟味処

 
よく走るところですが40kmを5時間掛けてゆっくり走ると今まで気づかなかったところが目にとまります。
 
 

萩ノ森峠

9月20日  メンバー:6名
 
寒河江道の駅ー西川町ー萩ノ森峠ー大江町
 
 
 
萩ノ森峠
ae19f3ed.jpg

 
 
 
今日はSCC(仙台サイクリングクラブ)のメンバー6人と西川町と大江町の国境にある萩ノ森峠です。五万の地図では点線ですが最近の国土地理院の2万五千の地図では二本線の道になっています。林道名は民有林林道「七夕畑征矢形線」です。
地道だろうと今日はサドルバックにしました。
 
 
 
 
寒河江道の駅から出発。 

 
寒河江川の堤防を西へ 

 
左沢線の羽前高松駅です。今後の為、駐車場があるか確認のため立ち寄りしました。10台くらいは停められそうです 。

 
さくらんぼ七福神の寺となっていたので立ち寄りました。正式名は長福寺です。 

 
県道に出て西川町へ。 

 
西川町間沢地区です。役場がある西川町の中心部です。 

 
稲刈りが始まりました。実りの秋です。 

 
眼下に流れる寒河江川がいい眺めなんです。 

 
征矢形集落の廃屋でランチタイム。此処から本格的な登りになります。 

 
 はじめは舗装路です。

 
地道になったところで道路工事中です。ずっと前に通行止めの看板があった様な気がします。工事のおじさんからこの先は道が無くなっているよと。

 
 おお~、確かに道が無くなっている。こんなくらいで敗退するもんですか。

 
担げば通過できますよ。 

 
乗れないところは押せばいい。 

 
乗れるところは乗ればいい。 

 
萩ノ森峠に着きました。 

 
七夕畑に到着。ここから舗装道です。ホッ。 

 
大江町の「十八才道の駅」でアイスクリーム。疲れた時の甘いものは美味いですね。 

 
寒河江道の駅に到着です。 

 
林道七夕畑征矢形線は砂利が浮いていましたがサドルバックにしたお陰で走り易かったです。
 
 
 

 
 
 
 
 

船形山麓、長沼・白沼

9月17日  単独
 
小野田支所ー長沼(千古の森)-白沼ー不動の滝
 
 
 
長沼
3237e4a9.jpg

 
 
 
船形山の北方にある小さな沼、長沼・白沼が目にとまった。沼のほとりを林道が走っているので眺める事が出来るだろうと。小野田町の役場から走ると40km、標高差500mくらいだ。自転車での散歩には近場でお手軽なところのようだ。
どんな道かな。
 
 
 
 
旧小野田町の役場に車を停めさせて頂きました。 

 
 薬莱山を右手に見てR347を横切り長沼へ向かいます。

 
鹿原地区から青野集落に差し掛かったところに船形山滝庭コース登山口の案内板がありました。滝庭コースって何処だろう。 

 
青野集落の最終民家を過ぎると地道になりました。ここにも船形山の石碑があります。 

 
御約束の通行止めです。トラロープが張ってあるだけです。フックを外せば車も通行OKです。あとは自己責任でどうぞと言っているようです。 

 
バラスが結構入っています。車の通行が無いため道は締まっていません。自転車には厳しいです。 

 
長沼の千古の森キャンプ場です。ここにもトラロープが張ってありました。 

 
長沼です。 

 
白沼です。 

 
長沼から白沼までの間だけ舗装されています。キャンプ場を作った時の予算が 余ったのですかね。

 
すぐに地道になりました。こちらは通行止めになっていないようです。道は少し締まっています。 

 
薬莱山方向と滝庭林道分岐です。地図で見ると滝庭林道を進んで行くと鳴渓小屋となっていますが今でも小屋はあるのかな。船形山登山口まで6,5kmとあります。 

 
薬莱山方行の厳しい 清滝林道を下ってやっと舗装道になりました。葡萄沢林道との分岐です。

 
田谷地沼です。 

 
田谷地沼周辺をぐるりと回る荒沢湿原です。いいところ発見。今度来てみよう。 

 
 薬莱山の麓にある大滝神社です。

 
大滝神社の横を流れる大滝川の「不動の滝」です。 

 
薬莱山の麓を走っていると牛さんが放牧されていました。のどかです。 

 
 
お手軽なところと思って出かけたのですが結構手強い林道でした。転倒もしました。RSA sun bags のグローブが負傷しました。イテテ。
 
 

 
 

錬田峠敗退

9月14日  単独
 
秋保温泉ー芋峠ー新川ー錬田峠手前で敗退
 
 
 
 
新川から錬田峠へ
240c24f2.jpg

 
 
 
 
久しぶりに新川から錬田峠を越えて秋保大滝に行こうと計画しました。早春と晩秋に行った事がありますが夏を過ぎた9月は初めてです。ハイキング道ですので歩いている人がいれば藪にはなっていないだろうと思ったのですが・・・
 
 
 
 
秋保温泉から芋峠へ。あと1週間くらいで稲刈ですかね。

 
芋峠の登りはきついです。15%の登りが1kmほどあります。

 
芋峠を越えて新川に下ってきました。秋保大滝まであと8、6kmです。

 
杉木立の地道です。

 
11%の地道は厳しいです。車輪が空転してしまいます。腰を引いて後輪に体重移動して登ります。

 
ハイキング道に入ると藪です。少し進んでみましたが何処まで行っても藪です。しかもトゲのある藪です。イテテ~。帰ろう。

 
新川まで戻り新川神社でおむすびと大福をパクリ。

 
おお、FDに野菊が。藪漕ぎをした時にひっかかったんでしょうね。

 
本日の
走行距離:少し
標高差 :僅か
肉体疲労:小
精神疲労:大
です。
 

プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ