パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2014年02月

宮城の里山 達居森

2月25日  牛野ダムー達居森  メンバー:5人
 
 
達居森山頂展望台より七ツ森
bc47d409.jpg

 
 
 
今日は近場の達居森です。風もなく青空のゆっくり、のんびり山行です。10日ほど前に降った雪がまだ融けずに森を覆っています。わかんを持ってきましたが締まった雪なのでわかん不要です。スパイク付きの長靴が氷った雪面をしっかり捉えてくれて歩き易いです。
 
 
 
牛野ダムの除雪最終地点に車を停めて堤防の向こうが登山口です。

 
登山口です。夏道があります。トレースもあります。

 
ゆっくり歩こうね。と言っても雪の上を歩くと何故か早足になってしまいます。

 
少し主稜線から外れ208m峰へ。

 
主稜線に戻り達居森山頂へ。

 
スパイク付きの長靴は氷った雪面にはベストです。

 
達居森山頂です。

 
山はゆっくり、のんびり、大休憩をとって3時間です。ランチタイムもファミレスでゆっくり、のんびり3時間です。

 
「まるまつ」さん長居してすみません。
 
 


桑沼ー大倉山ー北泉ヶ岳周回

2月23日 桑沼ー大倉山ー北泉ヶ岳  メンバー:スキー隊7名、わかん隊7名
 
 
桑沼の東屋
68121490.jpg

 
 
昨年は船形山の登山口、旗坂から入り大倉山、北泉ヶ岳の縦走でしたが車の回収にタクシーを使い時間とお金がかかりました。今年は桑沼太平林道を桑沼ー大倉山ー北泉ヶ岳の周回です。大雪であればラッセルが大変ですが今日は硬い雪の上に15cm程度のパウダーが乗っかりスイスイと進めます。
 
 
 
桑沼方行へ朝早く出発する時は駐車場の確保で困ります。スキー場の駐車場は8時以降でないと駐車は不可。桑沼林道の終点は泉高原スプリングバレーの従業員が使うのでと登山者は締め出しています。山形のJJスキー場は登山者用に駐車場をわざわざ確保しています。  桑沼林道を桑沼方行へ

 
途中から林道を離れて桑沼へ。

 
桑沼は氷結しています。大倉山の尾根取り付き地点へ。

 
大倉山の尾根取り付き地点です。

 
南北にのびる尾根です。この辺はかわいい尾根です。

 
大倉山山頂に到着。これだけの写真だとラクチンそうですがここまで来るのに大変苦労しました。写真を撮る余裕がなかったのでありません。誰か頂戴。

 
大倉山の東屋です。ここも雪で埋もれています。

 
北泉ヶ岳へ。

 
北泉ヶ岳山頂です。今シーズン2回目です。こかからシールを外して・・・

 
今シーズン一番の雪質です。

 
いつもこんな雪ならいいのになあ~。

 
最後に一言、桑沼林道を泉高原スプリングバレースキー場の従業員が独占しないで登山者にも開放してください。
 
 


里山用の長靴ミツウマ岩礁80、岩礁55

里山用の長靴として先日ミツウマの岩礁80を通販で購入した。通販の場合は足を合わせる事が出来ないためサイズで悩む。私の普段履いているスニーカーは24.5cm、登山靴は25.5cm。さて、長靴のサイズはどうするか・・・
少し大き目の26cmを通販で購入した。靴下2枚を履いてお試し山行をしたところ長靴の中で足が動いてしまい歩きにくい。2回目の山行から靴下1枚に沢用のフェルトを履いたところ丁度いい感じです。雪の中を6時間くらい歩いても全く寒くない。
しかし、これから春、初夏になるとフェルトは暑くて履けないだろうともう一足購入することにした。今度は通販でなく販売しているところを探したところ近くにあった。仙台市泉区の宮城中央森林組合に岩礁55が置いてある。早速、足を合わせたところ25cmが丁度いい。80と55の違いは55の方が少し高さが低い程度でその他はほぼ同じ感じです。
 
 
  
7b2bae49.jpg

 
岩礁80:17800円   岩礁55:14500円
 

宮城の里山 八ツ森山から錬田峠

2月20日 初ノ小屋ー八ツ森山ー錬田峠  メンバー:5人
 
 
八ツ森山から錬田峠へ向かう
3bac61f6.jpg

 
 
 
JR八ツ森駅から奥新川駅の西側に面白そうな里山がいくつかある。新川から秋保に抜ける「ふるさと緑の道」の錬田峠を組入れてコースを考えてみたところ八ツ森山の周回が面白そうなので行ってみることにした。
 
 
 
初ノ小屋のバス停近くに車を停めて民家の庭先から林道に入った。民家の庭先を横切るとき家の中から人が出てきて何処に行くのかと。八ツ森山から錬田峠へと言うと一言「無理だ」と。胸まで沈むよと。

 
登って行くと胸までは沈まないものの膝くらいまで沈んでしまう。ヘロヘロ。

 
しばらく歩き高度を上げていくと雪が硬くなりあまり沈まなくなった。

 
八ツ森山山頂直下です。

 
八ツ森山山頂です。

 
731m地点まで二つのポコがあります。まずは一つ目のポコへ。

 
731m地点への最後の登りです。ここを登りきれば後は下りです。もう少し。

 
731m地点で大休止。

 
大笠山が良く見えます。

 
錬田峠方向に振り返ると沢股山が見えます。

 
錬田峠へ。

 
このへんはスキーで滑るのに良さそうな斜面です。

 
錬田峠に到着。

 
錬田峠でピース。

 
橋を渡って林道へ。

 
なが~い、なが~い林道歩きです。

 
2時間の林道歩きを終えやっと除雪された車道に到着。疲れた。

 
なかなか面白いコースでした。スキーでも楽しめそうです。
 
 

  
 
 

柳沢小屋での宴会になってしまいました

2月15日~16日 柳沢小屋に泊まって白髪山、黒伏山の計画
          メンバー:4人
 
 
柳沢小屋が見えて来ました。
9380ca25.jpg

 
 
 
15日~16日は大雪になる予報です。当初8人の予定でしたが4人がキャンセルし4人になりましたが計画通り山に出かけました。仙台を6時に出発し関山峠を越えて山形県のJJスキー場まで前が見えないくらいの大雪です。
 
 
 
 
大雪は覚悟していましたが樹林帯に入れば風はたいした事がないのではと思っていましたが結構な風が吹いています。

 
柳沢小屋に到着。小屋は雪で埋もれています。 

 
スキーを脱ぐと腰まで埋まってしまいます。これから小屋の掘り起こしです。

 
泊まりの荷物を小屋にデポして今日の目的地白髪山へ行きましょう。お~い、何処にいるの見えないよ。

 
樹林帯を抜けて行くと風がますます強くなり目出帽をかぶっていても頬が痛いです。

 
この調子では山頂は絶望です。戻りましょう。小屋で少し早いですが宴会しましょう。小屋では薪ストーブをガンガン焚くと暖かくなってきました。それでもザックに着いた雪は朝になっても融けていませんでした。

 
 
 
16日の朝です。今日はJJスキー場まで戻り車に泊まり装備をデポして黒伏山に登る計画です。昨日からの雪は70~80cmは積もっています。このところの雪の降り方から雪崩が起こりそうです。途中で弱層テストをしたところ70cmと80cmの2ヶ所に弱層がありました。極めて危険な状態です。今日は諦めて帰りましょう。

 
仙台に戻ろうとしたところ車のラジオニュースから関山峠付近で雪崩が発生し車が巻き込まれ崖下に流されたとか。じゃ、笹谷峠へと向かいましたがここも通行止めです。新庄から鳴子経由でやっと仙台に帰ってこれました。  

プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ