パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2014年01月

宮城の里山・難波森

1月29日  高山地区ー難波森 (大和町)  メンバー:5名
 
 
藪漕ぎも楽しい
8bbffb1f.jpg

 
 
 
週末はこのところ荒れますが週の半ばは好天気です。今日も風は少し強いですが青空が広がっています。先週登った蘭山の隣の難波森に出かけました。今日はお茶の時間をたっぷり取った計画です。里山はのんびり、ゆっくり楽しめます。
 
 
 
 
 
赤崩山を背に出発です。

 
雪があまり積もってないので藪がまだ埋まっていません。ちょっと歩きづらいです。

 
尾根に上がると藪が薄くなりました。赤崩山が綺麗に見えます。

 
また藪になりました。でも雪が硬くなっており歩き易くなってきました。

 
ここを登りきれば山頂です。

 
難波森山頂です。

 
山頂から少し南へ行くと長倉山が見えて来ました。

 
下りは西方向の尾根から溜め池の方行に降りて行く事にしました。下り出しは急坂の藪ですがすぐに心地よい尾根になりました。

 
灌木帯の下りです。雪も締まっておりいい尾根です。

 
蘭山スキー場跡です。リフトは無かったようです。ロープ搭の跡がありました。ここまで車が入れるので山スキーの練習するのにいいかも知れません。蘭山にも登れます。

 
溜め池のほとりにツエルトを張ってお茶タイムです。ツエルトの中でガスを焚くと暖かいです。1時間ゆっくりしました。

 
今日で宮城の里山4回目です。登れそうな宮城の里山を数えてみると200山はありそうです。
 
 
 

 
 
 
 
 

どしゃ降りの大森山、雨から雪に変わった熊ノ返山

1月25日~26日   スキー隊:5名  わかん隊:3名
 
25日 山刀伐トンネル出口ー大森山(どしゃ降りになり撤退) おおほり温泉泊
26日 杉ノ入集落ー熊ノ返山(雨から雪へ)
 
 
悪天候の中、熊ノ返山を登り終え満足げに杉ノ沢集落へ
b028c1cb.jpg

 
 
 
 
25日大森山
大森山は昨年、登山中の5時間に60cmも積もる大雪になりラッセルが捗らず時間切れで撤退した。今年こそはと出かけたが天気予報は温度があがりこの時期には珍しい雨になりました。嫌われてしまいました。
 
 
 
山刀伐トンネル尾花沢側から尾根に取り付き山刀伐峠へ

 
山刀伐峠に到着

 
明瞭な尾根を大森山へ。雨が強く降って来ました。

 
うむ~、雨ですね。止みませんかね。

 
もう限界です。ジャケットがびしょぬれです。これから更に天気が悪くなる予報です。まだ9時30分ですが撤退です。

 
すたこらサッサと山刀伐峠へ。子寶地蔵尊です。

 
車道が見えて来ました。尾花沢へ蕎麦でも食べに行きましょう。

 

  
 
 
 
26日 熊ノ返山
朝5時起床、6時30分おおほり温泉出発の計画です。5時に起床し窓を開けるとどしゃ降りです。今日もダメか。寝るか、風呂に入るかゆっくりしましょうね。と諦めムードです。ところが7時30分ころ東の空が明るくなってきました。ひょっとして雨があがるのではと期待しとりあえず出発の準備をしましょう。とりあえず登山口へ行きますが雨は止みません。スキーをキャリヤに載せて登山口の杉ノ入集落で駐車場を探しうろちょろしていると村人からこんなところにスキー場はありませんよと。熊ノ返山の登るんですよと言うとおらの駐車場使ってくれと有難いお言葉を頂きました。まだ雨は止みませんが行くしかありません。
 
 
 
杉ノ入集落の民家の横から入山です。

 
昨日に続き雨です。天気予報はこれから気温が下がる予報です。雨から雪に変わる事を期待しながら行きましょう。

 
718mのピークです。標高600mくらいから雪に変わりました。めげずにここまで来れました。山頂まであと標高100mとちょっとです。ここまで来たら頑張ろう。

 
風が強くなってきました。目出帽装着です。

 
熊ノ返山山頂です。今日は山へ行くことを半ば諦めていましたが今日も温泉と蕎麦では悲しいです。気合を入れて来て良かったです。

 
風が強く、視界も悪い事から718m地点までシールを付けたまま歩きました。

 
ここからが視界もよくなり重めの雪ですが滑れます。CI子上手くなりました。特訓のお陰です。

 
Y子も昨年あたりから上手くなりました。

 
杉ノ入集落の雪で覆われた田んぼが見えて来ました。

 
杉ノ入集落に到着。ああ~、よかったなあ。面白かったなあ。

 
まあよくやるは。毎週。
 

 

宮城の里山・蘭山

高山地区ー蘭山  メンバー:現役1名、年金組6名
 
 
北西のコルまでもう一息
886fe2e3.jpg

 
 
 
今日は里山のベテランさん達と里山の中でもメジャーな蘭山へ出かけました。宮城県北部の大和町にはメジャーな里山がいくつかあります。高倉山、赤崩山、長倉山
そして蘭山です。いずれも藪山で雪の積もった時がベストシーズンです。今日も思ったより雪があり藪が埋まっていましたので歩き易かったです。林道歩きをスキーを使った人が二人、登山靴が4人、そして私は長靴です。
 
 
 
 
遠くの方に大和町の山がいくつか見えます。一番奥に見えるのは高倉山かな?

 
スキーデポ地点です。ここから藪の急登が始まります。

 
藪の向こうに蘭山北峰が見えます。スキーで登れない事はなさそうですが降りて来るのは大変そうです。スキー組もわかんに履き替えるのが正解でしょうね。

 
結構な急斜面です。

 
蘭山北峰です。

 
北峰から本峰にかけていい尾根です。

 
登り下りを繰り返し本峰へ

 
本峰に到着。12時前です。ちょっと下ったところでゆっくり休憩しました。

 
では、下山開始です。

 
北峰の下り斜面から北泉ヶ岳、泉ヶ岳です。

 
林道の左側に見えるのは赤崩山です。まもなく車の停めてあるところです。

 
 
里山を始めると呆けるよと言われましたがイヤイヤどうして頭の体操、心の癒し、
体力の増強などいいことばかりです。決して呆ける事はありません。
 
 


蔵王・坊平から刈田岳

1月19日 蔵王ライザスキー場ー刈田岳 
メンバー:スキー隊11名  わかん隊6名
 
 
お田ノ神避難小屋付近
6e997747.jpg

 
 
17名の大所帯です。悪天候です。ライザスキー場からリフトを使わずゲレンデの端っこを登って行きますが視界不良です。リフトのトップから更に条件が悪くなります。今日は山頂は無理かなと思いつつ天候の回復を期待しながら刈田岳を目指して高度を上げて行きます。
 
 
 
ゲレンデを荒らさないように端っこを登って行きます。長い列が出来ています。

 
ゲレンデのトップから歩きやすいところを選びながら進みますが風が強いです。まだ「お田ノ神避難小屋」まで来ていません。

 
馬の背に上がれば強風で飛ばされてしまうよ。この辺で下山した方がいいのではと弱音が聞こえてきます。4~5人のパーティならなんとかなるが17名だと逸れてしまう人がでれば大変です。では、下山しましょう。

 
登って来る時に赤旗を立ててきたので下山はラクチンです。

 
スキー隊はシールを剥がさずゆっくり歩いての下山になりました。

 
肉眼ではきれいな樹氷なんですがカメラにはうまく写ってくれません。

 
全員いますかね。1.2.3.4.5.・・・・17人OKです。

 
ゲレンデに到着。ここからはシールを外して滑りましょう。

 
まあ、こんな日もありますね。また来週に期待しましょう。
 

宮城の里山 小屋森山、めもり山、日向山

1月16日 高野原林道ー小屋森山ーめもり山ー日向山  メンバー:5名
 
 
日向山の南側を流れる小さな沢
9a20b58c.jpg

 
 
今日は欲張って三つの山を登ります。ご近所の里山ですので朝がゆっくりしているのがいいです。地図で見ているとかなりの急斜面あり、沢もあります。こんな時は鋲付きの長靴が威力を発揮するだろうと、実は昨日鋲付きの長靴を買ったばかりで今日はお試し山行です。
 
 
 
小屋森山方向の林道入口です。車は入れないようにゲートがあります。

 
このあたりから入りますか。

 
きつい登りです。このあたりは40度の斜面です。枝につかまりながら必死です。

 
小屋森山の山頂に到着。

 
下りはいい斜面です。

 
めもり山方向のコルへ下って行きます。

 
コルに付きました。地図で方向を確認。

 
めもり山山頂です。100m足らずの登りですのですぐに着きました。

 
めもり山を下り日向山との間を流れる沢です。地図には水線はありませんがこの付近は小さな沢が入り組んでいます。

 
日向山へは杉林の急登です。

 
山頂付近は結構雪が積もっています。

 
日向山山頂です。

 
林道で一休み。日向山西側の林道から高野原林道方向の林道の分岐が解りずらいです。ちょっと手こずりました。ここまで来れば車の停めてあるところまでもう少しです。

 
昨日購入した鋲付き長靴です。

 
よく解るように購入したての写真を。
実はこの長靴はまぼろしの長靴と言われているものです。「ミツウマの岩礁80」です。お値段もそれなりします。
今日の履き心地は・・・
普段履いている靴より少し大きめにしましたが普段履いているサイズの方が良さそうです。長靴の中で足が少しずれてしまいました。何せ40度の急斜面ですから仕方ないところです。
グリップはすごくいいです。雪面、泥面、沢などすべてしっかりとくいついてくれます。
片足700gと軽いのも疲れないのでいいです。
耐久性も評判に寄るとホームセンター等で売っているものと比べて10倍ほど長持ちするそうです。お値段は6~7倍するのでこれからどのくらい持ちますかね。

 
 
里山は奥が深いですね。
 
 

 
 
 

プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ