パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2013年06月

飯豊トンネル・裏磐梯・白布峠

6月29日~30日  飯豊道の駅ー飯豊トンネルー裏磐梯(テン泊)ー白布峠   単独
 
 
2013年6月16日に開通した飯豊トンネル
20167b99.jpg

 
 
飯豊トンネルが開通した。着工から36年、もう少しのところで工事が停滞し2013年6月16日やっと開通した。トンネルは1998年に完成していたが福島県側の工事が進まなかった。トンネルを越え福島県側に行ってしまうと日帰りは困難なため裏磐梯に久々のテン泊をして白布峠を越えての周回を計画した。
 
 
 
6月29日、飯豊道の駅に車をデポして出発。まずは白川ダムで一腹。

 
中津川集落の民家。

 
飯豊山の大日杉登山口と飯豊トンネルとの分岐。

 
飯豊トンネルを抜け福島県側に来ると雨です。バイクのおにいちゃんも雨宿りです。

 
遠くの空は晴れていますがトンネル出口はどしゃ降りです。

 
トンネル落成の銘板です。

 
一気に山都まで下って行くとステキな街並みがありました。

 
丁度お昼です。山都地区の宗像神社で大休止。

 
喜多方に来ましたがお昼ご飯を食べたところだったのでラーメンはパスです。

 
いよいよ裏磐梯桧原湖方面の登りです。

 
標高差600mを登りきり道の駅裏磐梯でテン泊です。飯豊トンネルの登りも600mありました。クタクタです。
雨で床が濡れていましたので屋根のあるところでテントを張らさせて頂きました。シュラフに潜り込みおやすみ。

 
 
 
6月30日 5時に道の駅裏磐梯を出発しました。旅館に泊まると出発が8時過ぎになってしまうのでテン泊はいいですね。桧原湖から磐梯山が微かにみえます。すがすがしい朝です。

 
桧原湖の西岸は道路の拡張工事が進んでおりこのような道はその内無くなってしまいそうです。

 
白布峠の登りです。ガスが掛っていますが遠くに青空が見えます。35年振りの白布峠の登りです。当時は有料道路だったような気がします。

 
白布峠に到着しました。35年前はもっときつかったような気がします。その時は小出から銀山湖ー尾瀬ー裏磐梯ー蔵王ー仙台を4日間で走った記憶があります。

 
白布温泉です。立派な風情がある旅館ですが高そうです。

 
私にとってはこちらの民家の方が風情はあります。

 
 
飯豊トンネルは開通前に行こうと思っていましたが開通後になってしまいました。開通直後なのでしょうか交通量は結構あります。車は1時間に100台くらい通行しています。
 
 

 
 

焼石岳・金明水直登コース

6月22~23日 中沼登山口~金明水小屋(泊)~焼石岳  メンバー:9名
 
 
 
東焼石岳付近のお花畑
5756dc8e.jpg

 
 
お花の山、焼石岳に行こうと男性2名、女性7名のウキウキ山行です。中沼登山口から尿前川を徒渉して沢沿いに金明水まで直登するコースです。十数年前は一般登山者は難しくなかなか入れるコースではありませんでしたが最近はコースが整備がされ簡単に入れるようになりました。整備される前の方が面白くて良かったような気もします。
 
 
 
6月22日  中沼登山口はもう駐車場は満車です。花の季節6月は多くの人が訪れます。 

 
 しかし金明水直登コースを訪れる人は少なく静かです。尿前川を徒渉地点まで少し遡上します。

 
 今日は水が少なく膝くらいしかないのでラクチンです。それでも雪融け水は冷たく10メートル足らずの徒渉でも 足がしびれます。

 
徒渉が終わり沢筋に入るとすぐに雪渓が現れました。今年はまだまだ雪が多いです。 

 
ガレ場もあります。 

 
 沢筋の壊れかけの雪渓もあり慎重に歩きましょう。

 
小滝もあります。昔は夏道が無かったので沢を登って金明水まで行っておりました。 

 
天竺山が見えるとまもなく金明水小屋に到着です。 

 
お疲れ様金明水小屋に着きました。このところ金明水は涸れていると聞いていましたが今日は出ています。 

 
 
 
6月23日  おはようございます。昨夜は8時就寝、今朝は4時起床で5時45分に小屋を出発です。昨日も今日も健康です。今日は晴れるはずなんですが少し雨が降っておりガスが出ております。 

 
その内晴れると期待しながら歩きましょう。 

 
左は崖です。転ばないように気を付けて。まだ晴れませんね。 

 
 東焼石岳付近に来ると一面お花畑です。金明水のABちゃんによると先週が一番良かったとか。

 
 それでも花がいっぱい咲いています。お姫さまと一緒の山行は楽しい~な。ガツガツしないでゆっくりと歩く山行は心が癒されます。

 
 前からの写真もパチリ。

 
焼石岳山頂までもう少し。 

 
 焼石岳山頂です。チョットさむいな。もう降りようか。

 
 泉水沼のほとんどは雪で覆われ少しだけ水面が顔を出しています。

 
 銀明水小屋の少し上の雪渓です。ここでちょっとアイゼン歩行の練習でもしてみようかと持ってきた6本爪のアイゼンを装着して感触を確かめています。お姫さまは雪渓の上を初めてアイゼンを付けてあるくので少し緊張しているようです。

 
 でもすぐに慣れてスイスイです。

 
銀明水小屋が見えて来ました。 

 
小屋の前のベンチで大休止しましょう。

 
中沼です。ここまで来れば下山までもう少しです。

 
中沼を見下ろす最後の休憩場所です。

2日間ゆっくりと楽しい山行ができました。 
 
 

 

南蔵王山麓から七ヶ宿ダム

6月16日 南蔵王山麓・川原子ダム・七ヶ宿ダム・小坂峠  メンバー:7名
 
 
横川集落から七ヶ宿ダムへ
8ba9977e.jpg

 
 
今日は不安定な天気です。天気の回復が少し遅れ、走り出しの9時には雨があがる予定でしたが小雨が降っています。白石から南蔵王へ登って行くとガスに覆われ視界がききません。それでも昼前には雨はやみました。
 
 
 
白石市役所から出発です。庁舎まえはつつじが満開です。

 
ガスに覆われた中、川原子ダムへの登りは標高差600mあります。

 
川原子ダムに到着しましたが生憎ガスがかかり不忘山どころか水面も見えません。

 
川原子ダムの周りは快適な道です。

 
県道51号に出てひと休み。今日の一番高いところです。雨はまだ止みませんね。

 
県道51号を外れ横川方行へ。もう12時です。お腹がへりました。せせらぎの里でキノコおこわをつまみ食い。
雨は止みました。

 
横川集落から七ヶ宿ダムへ。

 
七ヶ宿ダムは裏道へ。車はほとんど通りません。一台だけすれ違いました。ダム管理車のようでした。

 
車の来ない道は快適です。

 
今日はトンネルの電気が点いていました。安心です。電気が点いていない時は怖いですよ。平衡感覚がなくなり転びそうになります。

 
ダムを過ぎると「飛不動尊」がありました。ボケに効くとか。拝んでおこう。

 
ちょっと遅くなりましたがお昼ご飯です。材木岩の前にある「そば処なごみ茶屋」です。

 
古民家で頂くそばは雰囲気が良く美味しく感じます。

 
こんな蕎麦御膳です。黒っぽい蕎麦がニ・八。白っぽい蕎麦が十割、山菜の「てんぷら」に「はっと汁」がついて
1150円です。

 
蕎麦を食べてから材木岩の見学です。かなり崩れ落ちています。

 
小坂集落を通りぬけて小坂峠を目指します。

 
小坂峠にある「満蔵稲荷神社」です。

 
小坂峠から国見の街並みを見下ろしています。

 
小坂峠を下り藤田駅から輪行で白石駅まで行く予定でしたが走り足りないと国道4号線を白石まで走りました。
みんな強いは、いい年しているのに。
 


二口山塊エシコ沢

6月8日 エシコ沢遡行 メンバー:8名
 
10mの滝、ザイルを出して安全第一に遡行
b7dd982a.jpg

 
 
 
沢登りはもう止めたのですが誘われると心が揺れてしまいました。7年振りです。今回のメンバーは初心者が多く少し危険なところはザイルを出しての滝登りでしたので安心して登れました。
 
 
穴戸沢林道から穴戸沢の支流エシコ沢に入渓です。

 
まず最初に現れたのは30mの滝です。傾斜は緩いですが二口山塊の沢は苔でヌルヌルしており簡単には登れません。

 
女性も二人参加しました。男性より度胸があります。

 
次は10mの滝です。ここもザイルを出してもらいました。

 
yossy君、アップに耐えられます。

 
次は左俣にするか右俣にするか。写真の滝は40mの左俣です。行けないことはないがやめとこか。

 
右俣の方が登り易そうです。こっちにしょう。ここも30mほどありそうです。やっぱりヌルヌルしています。

 
ちょっと時間はかかりますがザイルを出して安全遡行です。

 
もう大きな滝はないので余裕のポーズです。

 
緑のトンネルは快適です。もう少し水量が多ければともっと面白いのにと余裕のおしゃべりをしています。

 
滑を詰めれば源頭です。

 
藪を掻き分け林道へ。

 
 
やっぱり沢は面白いなあ~。
 
 
 

枯木峠

6月2日 丸森町・枯木峠 メンバー:2人
 
枯木峠
de0cb80d.jpg

 
 
岩手県の枯木峠は昨年走りましたが宮城県丸森町の枯木峠は地図で知っているだけで行った事がありません。サイクリング仲間も行った事がないようで地図では点線になっておりどんな道か・・・  林道になっているとか、いや登山道とか、行って確かめるのが一番だと計画しました。しかし行って教えて頂戴と言う人が多く二人だけで行くことになりました。
 
 
 
 
丸森町の役場から出発です。最近の放射能の数値は0.4マイクロシーベルト/hです。普通に生活するにはちょっと厳しい数値です。

 
朝から小雨が降っています。ポンチョは快適です。

 
枯木峠への林道入口です。標識が枝で隠れていたので見えるように引っ張ってもらっています。

 
山津見神社の鳥居です。神社は火事で焼失したようです。セルフで撮りましたがピンボケです。黄色のポンチョは目立ちます。

 
地道になりました。走れます。

 
枯木峠です。峠まで林道になっており走れます。雨はまだやみません。

 
 下りも林道ですべて走れます。そんなに荒れていなく快適です。

 
筆甫に到着しました。さてこれから何処へ向かうか。笹ノ峠に行こうかと言う提案は却下。松坂峠も却下。じゃ峠にしようかと。峠と言っても地名が「峠」で峠ではありません。雨はやみました。

 
「峠」の手前の北山集落でお昼になりました。おじさん二人が道端にしゃがんでおむすびをパクリ。

 
まっすぐ進めば登りのない丸森役場に直行ですが左に曲がり予定通り「峠」に行きましょう。

 
「峠」に到着しました。

 
「峠」からまっすぐ進めばここもまた丸森役場ですが「四重麦」というなんとなく響きが良い地名があります。行ってみよう。

 
おお・・・なかなかいい道ではありませんか。犬にほえられました。怪しいものではありませんよ。

 
四重麦から丸森役場までの道は通行止めになっておりました。迂回道路はありますがかなりの登りです。こんな時は通行止めは気付かなかったことにしよう。

 
丸森市街近くの「大いちょう」です。

 
「大いちょう」の向こうに旧街道があります。ほんの数メートルですが。

 
旧街道の雰囲気があるでしょう。この先は民家の庭先を通りぬけて車道に出られます。

 
走行距離は45kmとちょっと少ないですが丸森町内を地図を見ながら道を探しての走りは結構楽しいです。
 
 

 
 

プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ