パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2013年02月

西吾妻山、磐梯山

 
2月23日、24日に裏磐梯川上温泉に宿をとり西吾妻山・磐梯山に行って来ました。参加者はスキー隊9名です。
西福島ICからR115号を経て裏磐梯に向かっていると晴れ間が出て来ました。当初23日は磐梯山の予定でしたがこの天気なら西吾妻から二十日平を滑れると急遽予定を入れ替えました。
 
 
 
グランデコスキー場リフト上からまずは西大巓にコンパスを合わせて登って行きましょう。いい天気です。

 
トレースがありました。有難く使わせて頂きます。しかしすぐに追いついてしまい交代しながら西大巓へ。

 
高度を上げて行くと風が出てきました。少しガスもかかってきました。

 
西大巓が手の届く距離になってきました。もう少しです。

 
お疲れ様、山頂です。

 
西大巓山頂で少しだけバンザイ。どうする、西吾妻山へ行く。ここから引き返す。昨年はここから引き返しました。今年は行きましょう。二十日平を滑りましょう。

 
西吾妻山への樹氷は見事です。強い風が頬にあたります。2月下旬になると少しは穏やかになって来ましたがやはり痛いです。目出帽が必要です。

 
西吾妻小屋が微かに見えて来ました。もう1時30分です。時間がありません。小屋に立ち寄らず西吾妻山頂へ進みましょう。

 
西吾妻山へ。少し陽がさす時もあれば視界が全く効かない時もあり、山の天気は気まぐれです。

 
西吾妻山頂に到着しました。もう2時前です。早く下りましょう。

 
二十日平への下りはもう、まったく、重くて重くて滑ってくれません。下りもラッセルになってしまい下山出来たのは日没の少し前になってしまいました。これから川上温泉で疲れを癒し、おしゃべりタイムです。

 
 
 
 
24日は朝起きると猛吹雪です。これじゃ磐梯山は無理かと思って出発時間を少し遅くするとなんと晴れ間が出て来ました。どうする。磐梯山に行く。裏磐梯のスノーハイクにする。磐梯山に行ってみましょう。
 
 
裏磐梯スキー場のリフトを降りてこれから登る磐梯山の眺望です。視界はまずまずです。

 
スキー場から少し進むと銅沼に到着しました。

 
中の湯への登りは緩やかなところと急斜面が交互に現れます。

 
中の湯温泉跡に到着です。温泉の匂いはしますが温泉はありません。野天風呂があればお背中流しましょうかと言われていたのに。残念。

 
中の湯から上は強風です。さて、磐梯山目指して行くか。行かないか。今日はハイキングもどうでしょうかと。
はい、下山しましょう。イエローフォールのハイキングですね。

 
下山は早いです。中の湯から直下行です。

 
凍りついた銅沼の真ん中を横切りイエローフォールへ。

 
前方に見える櫛ヶ峰もカッコイイ山です。

 
 
イエローフォールです。硫黄や鉄分を含んだ滝が氷結して出来あがった氷漠です。

 
冬場のスノーハイクには手軽でいいところです。

 
磐梯山に登れなかったのは残念ですが西大巓から西吾妻山・二十日平への周回が出来たので満足度80%です。
 
 
 
 
57240489.png

 
 
 
 
 
 

船形山から後白髪山への計画ですが

升沢登山口から船形山ー蛇ヶ岳ー後白髪ー定義への一泊二日の計画です。難コースですが今回で3回目で過去2度踏破しており、今回のメンバー、スキー隊6人であれば今年も踏破出来ると活きこんで出かけました。
 
 
23番を通過します。ラッセルも浅く順調に高度を上げて行きます。

 
三光の宮を過ぎると雪の量が違います。重い雪のラッセルと正面から強風が吹き付けます。

 
カメラを出しますがレンズが曇ってしまい上手く撮れません。升沢小屋までもう少しです。

 
升沢小屋に到着しました。強風が吹き付ける中取りあえず小屋に入りましょう。一旦小屋に入ってしまえば船形山に登る気になりません。今日は此処まで。

 
 
 
おはようございます。視界は充分です。風も充分過ぎるほど吹いています。蛇ヶ岳目指して行きましょうか。

 
蛇ヶ岳への尾根に登ると朝日がさしてきました。強風です。

 
いい景色なんですけどね。灌木が西風に押されてしなっています。さらに稜線を目指して登って行きますが
稜線の風は半端ではありません。吹き飛ばされて転倒、起き上がって前に少し進むとまた吹き飛ばされて転倒してしまいます。これではとても蛇ヶ岳から後白髪の尾根を通過できないと撤退することにしました。残念。
そうと決まれば三光の宮を目指して下山開始です。

 
三光の宮からはシールを外して楽しい滑りが待っています。

 
今年のテレTさんは昨年とは比べ物にならないほどテレマークターンが様になっています。苦節5年です。

 
ガッツさんはサービス精神旺盛です。カメラを構えると雪煙りを上げて滑ってくれます。

 
KZさんテレマーク歴2ヶ月です。まだ様になっていませんがどんな斜面でもスイスイと下りて来ます。来年は見違えるような滑りが期待出来ます。

 
スキー歴数十年のMMSさん、まあ、こんなもんでしょうね。

 
スキー歴は浅いですが基礎体力があります。どんな深雪でもこなします。

 
ここらで一休みしましょう。まだ10時前です。

 
今日の風の強さでは残念ながら撤退はやむをえないでしょうね。今年で終わりにしょうと思っておりましたが来年にもう一度行こうという気になりました。
 


七時雨山・稲庭岳・源太ヶ岳

三連休は岩手の山を三つ登ろうと贅沢な山行です。といっても年金生活者が多く予算はあまりありません。そこに救いの神が現れました。鹿角市に実家のあるベッケンさんが自宅を提供してくれました。お安く行けるとなると参加者も多くなります。この企画は3年前にしましたが人が集まらずお流れになって来ましたが今回は13名が集まりました。岩手の雪はサラサラです。思う存分雪山を楽しむ事ができました。
 
 
 
2月9日 七時雨山
繋沢集落の除雪最終地点からの入山です。初日とあってみんな元気です。

 
尾根の取り付くには林道と田んぼの中を1時間と少し歩きます。13名もいれば少々のラッセルは交代しながら進めば苦になりません。

 
七時雨山の南峰、北峰が見えてきました。ますます元気になります。

 
牧場は絶好のゲレンデです。帰りのゲレンデを荒らさないように端っこを歩きましょう。

 
七時雨山頂です。風もない絶好の天気です。

 
牧場の斜面は気持ちい~い。ヤーホー。

 
 
 
 
2月10日 稲庭岳
李ヶ平のある手作り豆腐屋が除雪の最終地点です。豆腐屋の紹介は後ほど。

 
若い二人が先行します。ラッセルの後を追いかけるのですが追いつきません。42.195kmを3時間を切って走るお嬢さんです。いつもお世話になります。

 
年金暮らしのおじさん、おばさんが後を追いかけるいつものパターンです。

 
まもなく山頂です。

 
稲庭岳の山頂です。今日も良い天気です。山頂から林間のパウダーは今年一番の滑りが楽しめましたがカメラの調子が悪く残念ながら写真はありません。

 
 
ミナおばあちゃんの手作り豆腐です。大豆は石臼で挽く本当の手作りです。20丁買って今日の夕食は冷ややっこに湯どうふです。もう、もう、もう、本当に上手い。たまりません。しびれます。

 
 
2月11日源太ヶ岳
いつもは松川温泉から三ツ石ー大深ー源太ー松川温泉の周回ですが今日は3日目なので下倉温泉スキー場のリフトを利用しました。

 
源太ヶ岳へ向かって緩やかな斜面を登って行きます。

 
ちょっとトラブルが出ましたので中倉山でバンザイをして今日の山頂にしました。また来月来よう~と。

 
 
ベッケンの滑りはいつ見ても絵になりますね

 
その他大勢の滑りです。

 
 
わかん隊3人組元気です。

 
3日間思う存分山スキーを楽しめました。今シーズンこれで何日目かな。新調したスキーも絶好調です。
 
 
 
2f06596d.png


船形山系花染山

仙台近郊にある船形山系の花染山に行って来ました。近年毎年行っているので手軽な山になり、参加者はスキー隊8名、わかん隊12名の20名です。
花染山は仙台近郊にありながら登山道がないので訪れるひとはいなかったが7~8年前に登り始めて今では手軽な冬のハイキングコースになりました。
昨年は腰まで沈む大雪でラッセルに苦労し、山頂まで到達できませんでしたが今年は昨日の高い気温のお陰で雪が締まっておりスイスイと登れました。
 
 
小荒沢林道から登って行きます。20名の大所帯です。先頭を行くのは今日のリーダー「テレT」さんです。

 
スキー隊のギャル3人です。

 
わかん隊です。今日はラッセルがないのでスキー隊の前を行っても良かったかも知れません。

 
ブロック雪崩の個所を通過します。

 
尾根に取り付きました。ここから明確な尾根が花染山から三光の宮へと続いていますので迷う事はありません。

 
あとひと登りで花染山です。

 
花染山頂には山仲間が標識を作って取り付けてくれていました。

 
初登頂の人も何人かいました。全員で記念写真です。

 
花染山を少し下り三光の宮へ向かっています。ちょっと疲れてきました。あと150m登ればもう登りはありません。頑張って行きましょう。

 
三光の宮です。ここからはシールを外して快適な滑りが待っています。

 
鳴清水まで一気に滑ってきました。今日はアイスバーンの上に昨夜から降った雪が10cm~20cmほど積もっており沈むことなく快適なパウダーです。スキーの上手い人もそれなりの人も今日はみんな上級者です。

 
ブナ林の間をぬってスイスイと滑る「テレT」さん。

 
「J一」さんの華麗な滑りです。

 
ヤベッチたまには転びなさい。

 
ガッツさんも転びなさい。

 
船形山の雪はいつ来ても楽しい滑りをさせてくれます。
 


プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ