パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2012年11月

旧米沢街道(敗退)

6時3分仙台発の福島方面行の普通電車に乗って旧米沢街道を走ろうと暗い中、仙台駅に5時30分に到着し急いで輪行をした。ところが早朝の地震で電車は大幅に遅れている。予定していた電車は仙台に到着するのは40分遅れとか。福島駅にはさらに遅れいつ着くか解らないようだ。新幹線は通常運転している。仕方ない、特急料金1790円を払って新幹線に乗った。考えてみると新幹線に乗るのは久しぶりだ。
福島駅には当初予定していた時間より少し早く着き米沢を目指して走りだした。このコースはこれで3度目でなんの不安もなかったのだが・・・・・・
 
 
福島駅から出発です。福島と米沢を結ぶ旧米沢街道は江戸時代には参勤交代にも使われていた主要街道であったが万世街道が開通した明治時代には役目を終えたようだ。

 
富山地区です

 
高津森林道です。吾妻高原牧場の車の往来があるのでしょうかよく締まった林道です。

 
三叉路です。まっすぐ行ってしまうと赤岩駅の方へ行ってしまいます。大笹生には今でも人が住んでいるのでしょうか。左に曲がると旧米沢街道です。

 
昔は此処に宿場があったようです。「李平宿」跡です。

 
400年ほど前に開村され明治の半ばに廃村になったようです。

 
宿場跡を少し下り石段を300段ほど登ったところに鎮守様があります。ひと気のない所ですがよく手入れされています。

 
旅人の安全を願う地蔵菩薩さまです。

 
水場だったのでしょうか。不動様も旅人の安全を願っています。

 
林道から少し離れたところにある石畳の旧米沢街道です。

 
しかし、あまり歩かれていないのでしょうか藪になって来ました。徒歩であればなんてことないのですが自転車は大変です。枝に引っかかりなかなか前に進みません。

 
倒木です。乗り越えるのに苦労しました。乗り越えてみると最悪です。道はぶよぶよの泥濘です。靴の中はグチャグチャ、ズボンは泥だらけ、自転車は泥つまり、おまけにサドルバックに付けていたリフレクターが無くなっている。もういやだ、帰る。・・・と言う事でここで引き返しました。

 
今日は敗退しましたが来年の晩秋にもう一度行ってみたいです。このコースは晩秋が一番いい時期です。
春は吾妻連峰の雪解け水で蟹ヶ沢の徒渉が困難です。夏は藪がうるさく大変です。晩秋の今日は行けたはずですが家に帰って考えてみると何故行かなかったのか・・・気が向かなかっただけのようです。
 

 

西上州から秩父(天丸峠)

18日は天気予報通り晴天です。しかし寒いです。5℃くらいかな。今日の皆さんのコースは土坂峠から寄居、矢久峠から皆野などです。朝食時、宿のご主人に天丸峠への道路は通行できますかと尋ねたところ崩落しており通行止めとか、しかし自転車なら担いで通れるとうれしい無責任な答えが返ってきた。私はうれしい無責任な答えを信じて天丸峠から秩父に向かうことにしました。
 
 
すりばち荘前で記念撮影です。アルプス4台、トーエイ1台、ホルクス1台です。

 
天丸峠への道は全面通行止めの看板は確かにあります。ちょっと不安ですが行ってみます。一緒に行こうと言っても誰も行こうと言う人はいません。一人ぼっちです。

 
奥名郷集落手前の道から遠くに見える鋭峰は大山(1540m)です。

 
奥名郷の集落です。ここまできつい登りです。15%近い登りが休みなく続きました。26×23でSの字を書きながらよいしょ、よいしょです。

 
奥名郷を過ぎるとなだらかな道が続きひと休みできます。標高900mを過ぎると紅葉は終わっています。

 
天丸峠の手前より西上州の山々です。

 
立派な天丸トンネルです。2001年に完成しましたがどれだけの人が利用したことか。国土地理院の最新版にもいまだに道やトンネルは載っていません。上野ー大滝線です。

 
天丸峠からしばらくは舗装ですが地道に変わりました。落ち葉のじゅうたんを走るのは快適です。

 
素掘りのトンネルがいくつかあります。

 
中津川沿いの旧道は滝沢ダム建設により通行できません。いくつものトンネルを抜けて滝沢ダムに到着しました。

 
滝沢ダムの下流にあるループ橋です。自転車で下る時に左に寄ると飛び越えて行きそうになり怖いです。

 
秩父鉄道三峰口駅に立ち寄り大休止して両神村への最後の登りに備えました。

 
上野ー大滝線の林道は崩壊しているもののバイク、自転車の通行は自己責任で通行可能です。車はしっかりしたゲートがあり通行できません。崩壊した瓦礫は撤去されていますが崩壊したところが補修されていませんので
ちょっと危ないかも。

秩父から西上州(太田部峠・土坂峠)

11月17.18日はACF(アルプスサイクルフレンズ)の忘年会です。恒例の群馬県上野村にある名栗沢温泉「すりばち荘」の集中ランに参加しました。今年は集まりが悪く例年の半数以下の6名です。
17日早朝に仙台を出発して車の中で何処を走ろうかと天気予報を見ながら思案中の運転です。佐久、下仁田、秩父の天気予報は比較的秩父が良さそうです。秩父吉田町の道の駅「龍勢会館」に向かいました。
 
 
道の駅「龍勢会館」に車を停めて太田部峠・土坂峠を経て上野村へ出発です。

 
しばらく走ると石間地区に水車小屋があり良い休み場になりました。

 
沢戸地区と太田部峠への分岐です。

 
沢戸地区の山間にある集落です。四国の祖谷山村のようです。

 
太田部峠に到着しました。6~7%程度の登り易い林道です。右に曲がれば太田部の集落です。まっすぐ進み土坂峠に向かいます。

 
土坂峠に到着しました。太田部峠から土坂峠への林道は少しアップダウンはありますが下りの勢いで少しペテルを回す程度で登り返せました。

 
神流川沿いの国道を避け旧道を走るといい道があります。

 
上野村名栗沢の集落です。

 
名栗沢温泉「すりばち荘」が見えてきました。もう少しで温泉に入れます。

 
すりばち荘です。お世話になります。
52133efa.jpg

 
今日の参加者のコースは下仁田から塩ノ沢峠、秩父から矢久峠方面からやって来ました。塩ノ沢組は雨に降られたようです。秩父組は小雨程度で濡れることなく上野村に到着できました。
 

 
 
 

大平桑沼林道

今日の天気は曇り時々晴れです。自宅から走れる大平桑沼林道へ行ってきました。ちょっときつい林道ですが紅葉と落葉を二通り楽しめるのできつくても楽しさの方が勝って疲れないと思って出かけましたが走行距離75km、標高差850mは疲れました。
 
根白石の農作業道から見る泉ヶ岳です。秋から初冬の景色です。

 
泉ヶ岳の駐車場には登山者が大勢いました。リフトは運転中です。

 
泉ヶ岳から北泉ヶ岳へ向かいます。このあたりは紅葉はもう終わりですね。

 
スプリングバレースキー場です。あと一ヶ月もすれば雪が積もり大勢のスキーヤーが訪れます。今年もお世話になります。たぶんリフトは使わないと思いますがゲレンデは使わして頂くと思います。

 
舗装路は此処までです。

 
バラスでなく砂利が入っているのでパンクの心配はなさそうです。

 
緩やかな林道を登ると桑沼が見えてきました。冬に林道を歩いてくると良い景色が見られます。

 
林道を下っていくと船形山の登山口に到着しました。船形山は100名山どころか50名山に入れても良いくらい
いい山です。四季を通じて楽しめます。

 
登山口近くにある旗坂野営場です。ここも自然がいっぱいのキャンプ場で無料です。今、キャンプと言えばオートキャンプ場で電源があり炊飯器、ホットプレートを持ち込んでアウトドアとか・・・家にいた方が良いと思います。

 
標高300mくらいになるとまだ落葉していません。紅葉真っ盛りです。

 
チョット台ヶ森温泉に立ち寄りましたが玄関まで。温泉に入るのは気持ちが良いのですがあがってから走るのはつらいです。

 
 
七つ森湖です。台ヶ森温泉から七つ森湖へは地図にない道が出来ていました。ほんの2~3kmですが良い道でした。

 
本日笹倉山への最後の登りです。笹倉山の紅葉は今がベストです。

 
来週は西上州です。昨年は雨だったので今年は晴れることを祈ります。何処を走るか思案中です。
 

 

7日間2800kmの旅

10月28日から11月3日までの7日間、女房と2800kmの旅をしてきました。自転車ではありません。車です。
目的地は三重県津市にあるお墓参りと岡山県津山市の女房の実家です。その他は気の向くままぶらり旅です。
 
 
・10月28日
仙台ー名古屋 (名古屋ホテル泊)
 
名古屋と言えばカトーサイクルです。ホテルに着く前にちょっと寄り道しました。二階に駆け上がるとご主人が数人の人と自転車談義をしており私はお目当ての物を探しましたがありません。手ぶらで帰るのも残念なのでなんとなくMAFAC RACERを買ってしまいました。何時か使うでしょう。TOEIのフレームが3本ほど在庫がありました。いずれもエンドが130mmなので気がすすみませんでした。現行パーツで組む人ならちょうどいいかも。

 
 
 
・10月29日
名古屋ー三重県津市(墓参り)-岡山県津山市(女房の実家泊)
 
午前中にお墓参りを済ま女房の実家津山に向かいました。
 
 
江戸時代から続くお墓があります。先祖は400石獲りの武将のようです。

 
 
 
・10月30日
津山市ー物見峠ー鳥取砂丘ー三朝温泉ー人形峠ー津山市(泊)
 
女房が鳥取砂丘に行きたいとのリクエストがあったので行くことにしました。ルートは私が勝手に決めました。
国道を避け、峠越えの細い道を選んで走りました。
 
物見峠てまえの集落です。

 
物見峠です。美作加茂から鳥取への良い道です。

 
 
鳥取砂丘です。女房は来た記憶がないので初めてのようです。私は45年振りの訪問です。風が強くセットが乱れるって。セットしてないくせに。

 
 
砂丘の一番高い所から日本海です。

 
 
髪の毛に砂が入ったので三朝温泉で一風呂浴びることにしました。古い町並みのある温泉です。射的場、ヌードスラジオもありました。スマートボールがあれば完璧ですね。

 
 
人形峠の日本原子力開発機構の環境技術センターです。現在はウランの採掘は行われていません。ウラン採鉱の残土でレンガを作っているとか。本当ですか。OBの天下り先のような匂いがします。

 
 
 
・10月31日
津山ー鶴山公園(津山城址)-津山(泊)
 
今日は津山市内の散歩と女房兄弟の家に遊びに行きました。
 
鶴山公園です。女房の実家は城下町にあり鶴山公園まで歩いて行けます。

 
 
 
・11月1日
津山ー高野山・金剛峯寺ー奥の院ー十津川ー熊野本宮(熊野本宮道の駅泊)
 
さて、何処に行くか昨晩本屋に行って「るるぶ」を立ち読みしながら検討した結果、高野山、熊野古道に決定しました。
 
 
高野山・金剛峯寺です。
 

 
弘法大師さまが眠る聖地・奥の院です。

 
今日の宿泊は道の駅熊野古道内のホテルプラドです。

 
 
 
・11月2日
熊野本宮ー発心門王子ー水呑王子ー伏拝王子ー熊野本宮ー新宮ー伊勢ー名古屋ー梓川SA(仮眠)
 
今日は熊野古道の散歩です。熊野本宮の駐車場に車を停めてバスに乗りスタート地点の発心門王子まで行きます。約2時間半の散歩の開始です。
 
発心門王子前からスタートです。

 
水呑王子手前の古道沿いの集落です。

 
 
いい雰囲気の道が続きます。

 
 
ゴールの熊野本宮に到着しました。

 
 
 
・11月3日
梓川SAー福島ー吾妻山スカイライン手前ー土湯温泉ー仙台
 
前日に中央道の梓川SAまで車をとばし仮眠して仙台に向かいます。仙台近くなると女房がまだ帰りたくないと言いだし吾妻山スカイラインをドライブすることにしましたが路面凍結のため残念ながら手前で引き返す事になりました。雪景色と紅葉が見られ満足です。
 
吾妻山に薄っすらと雪化粧しています。標高1260m地点で2℃でした。

 
車の気ままな旅は少し疲れますが結構楽しいです。
 
 
 
 
 
 

プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ