パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2012年10月

モールトンで仙台市内ポタ

今日は林道を走るか仙台市内をポタするか究極の選択。朝8時まで迷いましたが軟弱な仙台市内ポタに決めました。このところ林道を走ることが多かったのでポタも楽しいかもと。
 
 
宮城ICから青葉山へ方向へ。仙台カントリークラブ青葉山コース跡付近から八木山へ抜ける裏道があります。地図では点線になっており未舗装ですがなかなかいい道です。車はちょっと厳しいかも。
2bc235e0.jpg

 
地道を抜けるとさわやかな舗装道が八木山方向に続いています。

 
道がだんだん細くなり無くなってしまいました。でも階段を下るとさらに道が続いています。

 
八木山から名取をぐるりと回り街中にやって来ました。定禅寺通りの欅並木です。ベンチに座りおむすびパクリ。
うめ~。梅が入っておりました。

 
腹ごしらえが終わったので青葉城址の登りにかかります。城壁が崩壊し工事中で車両通行止めになっています。自転車は車両ですが通行OKです。

 
3.11の地震で崩壊したようです。やっと工事が始まりました。
053c8a47.jpg

 
青葉城址では伊達政宗祭りをやっていました。

 
伊達政宗騎馬像です。観光客は結構来ており駐車場は満車でした。

 
明日から1週間墓参りと親戚巡りの予定です。お土産6個買いこんで準備OK。

松坂峠

今日は山形県の尾花沢周辺をポタしようと計画し愛子支所に参加者5名が7時に集合。今朝の天気予報で山形は竜巻注意予報が発令されるなど悪天候の模様。西の空は厚い雲で覆われ目的地を変更することにした。さて、何処にするか南の方だと・・・1分もたたない内に松坂峠に決まりました。ルートは丸森町から阿武隈沿いに梁川まで、帰路は松坂峠を越える定番コースです。
 
 
丸森町役場の駐車場をお借りして出発準備をしております。天気はまずまずです。

 
 
阿武隈川の左岸は国道349号線で少し交通量があります。右岸は林道ですが全線舗装されたすこしアップダウンのある快適なコースです。写真では左側が右岸です。もちろん右岸を走ります。

 
 
阿武隈川と阿武隈急行との間に道はあります。
6abd968c.jpg

 
 
こんな道も・・・

 
 
こんな道もあります、内川林道です。
cfddfe11.jpg

 
 
梁川町でのお昼ご飯はいつもの(と言っても年に1回ですが)梁川希望の森公園駅」内の食堂です。女将さんからいつも有り難うございますと言われ、これから松坂峠ですかと覚えていてくれました。

 
 
松坂峠への登りです。標高差400mですがなかなか手強い峠です。

 
 
松坂峠です。

 
 
筆甫です、集落のあるところはセンターラインのある立派な道路です。車はほとんど見かけませんが。

 
 
ここも筆甫です。
cabdd999.jpg

 
今日は雨にあたることなくまずまずの天気でした。それにしても77歳のじいちゃんに登りでは未だに勝てません。今日も松坂峠の登りではおいていかれました。
 
 


泉ヶ岳から定義

先週は遠出したので今日は自宅から走れるところにしました。チョット担ぐのも良いかなと思い泉ヶ岳山麓から定義へのふるさと緑の道を押したり担いだり乗ったりしながら定義の油揚げを食べに出かけました。
 
 
 
いつもの泉ヶ岳への農作業道です。稲刈りはすっかり終わりました。天気が良く少し暑いくらいです。

 
 
泉ヶ岳のスキー場です。あと2ヶ月もすればスキーが出来るでしょう。車で来ると20分で来られます。今日は自転車なので2時間ほどかかりました。ここまで500mの登りです。

 
 
スキー場の駐車場から林道のほうへ散歩道がありましたので適当に走って行くと林道にぶつかりました。

 
 
林道から左側の登山道が定義へのふるさと緑の道です。

 
登りはきつくて乗れません。押したり担いだりしながら高度を上げて行きます。

 
ここが最高地点です。長い階段を担いで下ります。ここはチョット乗れませんね。

 
階段を下りたところからほとんど乗って下れます。乗車開始です。

 
こんな道が続きます。

 
 
遠くに七北田ダムが見えます。
   
 
 
最後はコンクリートの階段を下りると登山道は終わります。

 
 
ちょっと荒れた林道を2kmほど下れば定義への舗装道に出ます。

 
 
定義です。

 
 
今日は担ぎがあったので油揚げは2枚頂きました。

 
 
定義からくるりと大倉ダムを3/4周しました。

 
大倉ダムから七北田ダムへの道から泉ヶ岳が見えます。

 
 
七北田ダムです。

 
暑くなく寒くなく今が一番良い季節かもしれません。紅葉はあと10日くらいが見ごろですかね。
 
 

 
 

木賊温泉から駒止湿原を経て会津田島へ(2日目)

アルプスサイクルフレンズ(ACF)クラブラン南会津2日目です。睡眠充分で絶好調です。朝ごはんは大盛り2杯をたいらげスタミナも充分です。今日は駒止峠への旧道を走って駒止湿原を見学し会津田島駅がゴールです。
 
 
朝方は霜が降りかなり冷え込みましたが陽が上がってくるとだんだん暖かくなってきました。国道はなるべく避け
伊南川の左岸沿いの県道は車が少なく快適に走れます。

 
 
トマトの産地南郷村です。快調に走っています。

 
駒止峠への旧道です。峠まで600mの登りです。

 
ゲスト参加のIさん、早い、早い、駒止峠に到着です。若いものにはまだまだ負けられません。

 
次々と峠に到着です。

 
お昼ご飯は峠の横の藪っぽいところをかき分けると広場があります。風もなく快適なところです。

 
駒止峠を少し下って行くと駒止湿原です。

 
駒止湿原の入口で湿原をパスするか行くかどうするか迷いましたがちょっとだけ行こうかと言う事になり歩き始めると途中で引き返すことなく全行程周回しました。紅葉が見ごろです。湿原入口にいた自然監視員さんからアレ、アルプスだ、トーエイだと自転車を良く知っている人がいました。

 
駒止湿原から会津田島駅までのルートも国道を避け静かな田舎道を走りました。

 
いつもはのんびり走るACFですが今回は何故かみんな頑張って走りました。年を取ると競う機会が少なくなるのでこんなところで頑張ったのですかね。
 

湯西川温泉駅から安ヶ森林道を経て木賊温泉(1日目)

10月13.14日はアルプスサイクルフレンズ(ACF)のクラブランに参加し南会津を走ってきました。参加者は9名です。仙台からいつも一緒に走っている仙台サイクリングクラブ(SCC)のIさん(75歳)をお誘いしての参加です。会津田島駅に車をデポして会津鉄道にのって集合場所の湯西川温泉駅まで輪行しました。
 
 
北から南から湯西川温泉駅に集まってきました。全員そろったところで出発します。準備OKのようです。

 
 
湯西川温泉まで昔は川沿いに道がありましたが今はトンネルの連続です。いくつものトンネルを越えやっと安ヶ森林道の入り口にやってきました。8年ぶりの訪問です。

 
 
栃木県側は全線舗装です。昔と比べると舗装になりラクチンです。

 
舗装になりラクチンなぶん誰も休憩しようという人はいません。全員ノンストップで安ヶ森峠までやってきました。チョット無理をした感じです。

 
 
湯西川温泉駅を10時30分に出発して安ヶ森峠に着いたのは12時30分です。早く着いた分ゆっくりお昼ご飯を食べるつもりでしたが寒い、寒い。早々に出発しました。

 
 
下りの鱒沢林道は地道です。かなり荒れています。細いタイヤで来た人はかなり苦労しています。私は今回の地道を快適に下るため35Bのアメサイドに取換えました。気を使うことなく快適に下れます。

 
 
細いタイヤを履いたひとはパンクを避けるため腰を浮かしての走行をしています。

 
 
長い、長い下りです。登りは休憩なしでしたが下りは休憩なしではもちません。

 
 
走りごたえのある林道です。

 
もう少しで舗装になります。

 
 
湯の花温泉から木賊温泉に向かいます。旧道を走り唐沢峠を越えようと言う人がいましたが即、却下です。唐沢トンネル派が大多数でした。

 
 
今日のお宿は木賊温泉「福本屋」です。

 
 
囲炉裏を囲ってのイワナずくしの夕食です。出るは出るはイワナ料理。お腹いっぱいいただきました。

部屋に帰り2次会のあと本日は11時就寝しました。
 


プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ