パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2012年05月

SCCクラブラン春の櫃取

5月27日はSCC(仙台サイクリングクラブ)春の櫃取ランです。昨年の秋にプライベートで行い好評で春にも行きたいというリクエストに応えて実施しました。参加者は7名です。
このコースは交通の便が悪いのが難点ですが道は東北屈指のサイクリングコースです。仙台を5時に集合して盛岡経由山田線の松草駅まで車をとばします。松草駅に車をデポして8時に櫃取へ向かいます。
 
 
 
 

 
1日に数本しか停まらない山田線の松草駅です。帰りは茂市駅から松草駅まで輪行で帰ってくるので車をデポします。

 
松草峠まで10km、標高差450mを登れば長い長い下りが待っています。よいしょ、よいしょ。

 
松草峠です。5%~8%程度の登り易い峠です。

 
櫃取です。西に300m登れば御大堂峠です。盛岡までダートの米内川櫃取林道があります。今日は北へ進み釜津田へ向かいます。

 
 
櫃取は昔は数件の民家がありましたが今は1件しかありません。その1件が喫茶「朱利」をやっています。
喫茶店といってもご覧の通りですが意外と人気がある店です。美人だった姉妹がコーヒーを出してくれます。

 
櫃取から釜津田までは大川沿いに緩い下りが続きます。

 
この辺りは今が新緑です。

 
釜津田に到着しました。少し早いお昼ご飯を岡山神社で頂きました。お店はありますが営業しているか期待はできないためコンビニ弁当です。

 
釜津田集落の辺りはセンターラインのある道路です。車はほとんど来ませんが。

 
少し進むとまた細い道に変わります。リカンベントは今日も快調です。

 
岩手大川に到着しました。これから国道340号線を雄鹿戸トンネルを抜けて茂市駅まで走ります。
標高差300mを登れば本日の登りは終了です。

 
これでも国道です。

 
心霊スポットとして名高い雄鹿戸トンネルです。難工事であったため人柱を立てて建設したと言われています。
壁に近寄るとうめき声が聞こえるようです。ぞお~。

 
 
快適なダウンヒルです。

 
茂市駅に到着しました。1本遅らすと2時間待ちです。2本遅らすともうありません。

 
3番線でご乗車ください。松草駅まで820円。1時間ほどで到着します。

 
今日は車で400km、汽車で45km、自転車で82km走りました。
 

明日のランのホイール

明日は盛岡方面を走る計画です。全線舗装なのでどの自転車行くか迷っています。ロード、クライマー、モールトンの3台しかないので十数台持っている人に比べれば比較的簡単に決まります。登りが750mあるのでラクチンなクライマーで行くことにしました。悩まなくてもよいのですがホイールが2セットあります。ダート用と舗装路用です。
 
ダート用はタイヤ:ミシュラン35Bアメサイド、ハブ:カンパレコード、リム:アヤラ650B、フリー:エベレスト13~21です。
 
舗装路用はタイヤ:グランボア32Bオープンサイド、ハブ:マキシカ、リム:グランボア650B、フリー:エベレスト15~23です。
 
やっぱし迷う事はありません。舗装路用でいきます。
 
 
ダート用ホイール
 
ミシュラン 650×35B アメサイド ダートでは強い味方です。
ff0d9c99.jpg

 
カンパのハブは手入れをすれば回転は滑らかです。フリーは少しガタが出て来ました。
327ebf16.jpg

 
以前はスーチャンでしたが径が少し小さくてアラヤに変更しました。フランス部品らしいと思えば良かったのですが何だこんな物と思って捨ててしまいました。アラヤの650Bはお気に入りのリムです。
e4758e52.jpg

 
 
 
舗装路用ホイール
 
グランボア32B オープンサイド 軽いのがいいですね。グリップも良いし気にいってます。消耗が少し早く後ろは2000km、前は3000kmで交換しています。
5de3a26f.jpg

 
マキシカのハブはフランス製とは思えないほどよく出来ており回転はカンパと変わりません。フリーはこれもエベレストです。音がいいです。
エベレストはカチカチ、レジナはチリチリ、ウイナーはシャーシャー、ケンタウルはシーですかね。
エベレストのフリーの音がお気に入りの人がいていつも私の後ろ走る変な人がいます。
c973c6c7.jpg

 
グランボアのリムはスーチャンとそっくりです。精度はアラヤクラスでよく出来ています。
3812c9c5.jpg


ACF東北ラン・南三陸町その2

20日は南下して三陸海岸神割崎を目指します。海岸沿い特有のアップダウンを何度も繰り返しへばってきたところで神割崎に到着。大休憩を取って10時のおやつの時間です。休憩のあとは雄大な流れの北上川河口を目指します。河口まではやはり海岸線特有のアップダウンの繰り返しです。ようやく北上川沿いの平坦路に到着しましたが向かい風です。遮るもにがないためかなりの風圧ですが今日も頑張って走りました。
 
 
 
民宿下道荘で出発前の記念撮影。みなさ~ん、泊まりに来てください。

 
 
神割崎です。いい眺めです。

 
首領(ドン)ご機嫌です。

 
10時のおやつの時間です。

 
北上川左岸の快適な道です。風がフォローなら最高なんですがね。

 
お昼御飯はさびしく神社でコンビニ弁当です。

 
石巻線鹿又駅から輪行しました。それでも2日間で110km走りました。おじさんたち元気です。

 
 
参加者の自転車です。
 
港町さんのアルプスクイックエース。531フレームです。RDは4000です。かこいい~。

 
トモジ~君の小径車。悪の道へはまり込んで行きそうです。この道にはまり込むと抜けられません。

 
mayさんのヒロセ650Bです。チョット普通ではありません。病気ですね。
a8b14940.jpg

 
大御所Oさんのアルプススポルティーフです。

 
参加者の皆さま。2日間東北のマニアックな峠、三陸海岸にお付き合いして頂き有り難うございました。
 
 

ACF東北ラン・南三陸町その1

5月19、20日はACF(アルプスサイクルフレンズ)の東北ラン、南三陸町です。
南三陸町ランは昨年計画しましたが地震、津波の災害で中止せざるを得なかった。今年も無理と思ったいたが地元の新聞、河北新報に南三陸町で民宿を建て直して営業を始めたので是非遊びに来て欲しいと言う記事があった。
被災地に遊びに行くのは気が引けていたが気を使う事が良いとは言えないと思い今年の東北ランを南三陸町にした。参加者は東京方面から10名、仙台から1名(私)の11名。くりこま高原駅に新幹線、車等で集まり南三陸町に向かって走りだした。
 
 
 

 
 
 
 
くりこま高原駅に集まった参加者。集合時間に間に合わない人は宿に直接です。
山サイの首領(ドン)堀越進一さん(90歳)は昨年骨折されて車椅子での参加になりましたが大変元気です。
念の為、車椅子では走っていません。車の助手席に乗って伴走して頂きました。

 
少し走ると伊豆沼に到着です。この季節は白鳥はいません。きれいな大きな沼です。

 
東和町ほたるの里を少し過ぎたところです。静かで気持ちのいい道です。

 
 
舗装路とはここでお別れして地道になります。今日のハイライト弥惣峠に向かいます。

 
初めは緩やかな登りでなんだこんなものかとスイスイと登って行きます。

 
道も締まってきて適度な登り坂でなかなか良い道だ。

 
でもそれは初めだけ、乗れなくなったら歩けば前に進みます。昔は歩くなんて事はなかったのに。

 
弥惣峠です。歩いても乗っても峠には到着します。標識の下部に何か見えます。はて・・・

おお、弥惣峠の標識があります。以前来た時はなかったのですが。

 
弥惣峠を過ぎてもしばらくは地道が続きます。ACFの人は地道が大好きです。本当に。

 
舗装路に変わるとやっぱ舗装がいいなあ~。

 
後ろ姿がステキ。サドルバックも良く似合う。自転車はアルプスクライマーです。

 
志津川湾です。

 
今夜のお宿、今年の2月に再建された「民宿・下道荘」です。津波で流されましたが高台に再建されました。

 
下道荘から志津川湾の眺めです。


日本海、山形~新潟100kmラン

5月12、13日はSCC(仙台サイクリングクラブ)の日本海ランです。参加者は9名。ランドナー×1、クロスバイク×2、リカンベント×1、小径車×5です。今回も小径車が5台にもなりました。
12日は太平洋側は晴れです。月山道路を鶴岡方向に車で走っていると雲行きがだんだん怪しくなってきました。雨が降り出し、温度も3℃です。鶴岡の大山公園に車を停めて走るか辞めるか迷っておりましたが走ってみようかと意見が一致し、走りだしました。雨に低温で最悪の状態ですが43km走りました。
13日は晴れました。朝方は少し気温は低いですがまずまずです。しかし風向きは風速5m/sの向かい風です。何時か風向きが変わるだろうと期待して走りましたが最後まで向かい風の中60km走りました。
 
 
大山公園から少し走ったところにある善寶寺です。

 
小雨が降って来ましたが気にせず走っています。

 
この雨は気にしないで走る訳にはいきません。

 
ポンチョを着て完全武装で走れば・・・つらいものがあります。誰も辞めようと言う人はいないの。

 
そうです。ここに来るまでは辞めようなんて言えません。銘酒初孫です。自転車は車両です。決して飲酒して自転車に乗ってはいけません。

 
リカンベントは絶好調に走っています。

 
冷えた身体は内から温めるのが一番です。旅館に着くと何はさておき持ち込みの銘酒で身体を温めます。
左から剣菱、初孫、出羽錦、瑞祥、大島。

 
13日は三瀬駅に車を停めて新潟方向へ行けるところまで行ってあとはJRで輪行で帰ってきます。

 
あつみ道の駅から日本海の眺めです。

 
笹川流れの海岸でひと休み

 
は~いここで休憩です。

 
笹川流れの由来です。

 
村上駅の一つ手前の駅間島駅で輪行する事になりました。走りはここまで。

 
今回参加者の小径車です。一部紹介します。
 
NIさんBSモールトン、もう一台小径車を購入予定です。

 
Bさんのダホンダシュ20。今年は発売していません。良いモデルなのですが。

 
Sさんのプジョー。お気に入りの1台です。

 
 


プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ