パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2012年02月

蔵王縦走

2月26日、蔵王の刈田岳、熊野岳、地蔵岳をスキー隊4名、スノーシュー隊4名の8名で縦走してきました。このコースは晴れれば天国、荒れれば地獄のコースです。晴れれば蔵王の山々に広がる一面の樹氷、刈田岳からのお釜の眺め等は絶景です。荒れれば北西の風が正面から吹き付け行く手を阻みます。熊野岳付近は正面から猛烈な風が吹き付け2名が頬に軽い凍傷を負ってしまいました。今日は三途の川の一歩手前でした。
 
蔵王のライザスキー場リフトを降りたあたりは風もなく天気も上々です。この辺りは樹氷が小さいです。
c83c2f81.jpg

 
30分ほど歩くと樹氷は少し大きくなってきました。3日前に暖かくなったので小さくなったようです。
e30c4d56.jpg

 
蔵王の避難小屋です。通り過ぎて刈田山頂に向かいます。
7566d356.jpg

 
高度を上げていくと次第に視界が悪くなってきます。風は後方から来るのでさほど気になりません。
706d399d.jpg

 
夏の観光用リフトのワイヤーが凍りついています。リフトは今日はお休みのようです。
9e48bb10.jpg

 
もうすぐ刈田岳の山頂です。視界は15mほどになりました。
5e8a6682.jpg

 
全員刈田岳頂上の刈田神社に到着しました。
402265b6.jpg

 
さ~て熊野岳に向かいますよ。風は正面から吹き付けますよ。目出帽をかぶって進みましょう。
4e403760.jpg

 
熊野岳の頂上に到着しました。何処がどこか解りません。たぶんこの辺が頂上です。
327bd9b5.jpg

 
熊野岳から地蔵岳に向かう鞍部です。少し風が弱くなってきました。
4ebeb4e6.jpg

 
地蔵岳の山頂です。ここを下ればもうすぐお地蔵さんのあるロープウエイの蔵王山頂駅です。
82a03329.jpg

 
お地蔵さんは首から下は雪に埋まっています。
bafdf75d.jpg

 
このコースは地蔵岳から刈田岳に縦走すると風を背中から受けるので比較的楽なコースになります。
 

 
 

山スキー靴が壊れてしまった

先日の山から家に帰りインナーを取って乾そうとバックから靴を取りだしたら踵辺りの支点になっている金具がなくなっていた。それも右、左とも同時に無くなっている。何処でなくなったか解らない。足首が安定しないので気が付くはずなのに解らなかった。いかにいい加減な滑りをしているかだ。それより直すか、新しく買うかどうしょう。私には修理する道具も腕もない。よく考えてみるともう7シーズンも使っている。1年の使用回数は30~40日なので250日くらいは使っている。それも右、左とも同時に壊れたのでもう寿命と判断して購入することにした。
ネットで今年のモデルと価格を知らべてみると8万円もする。ユーロが値下がりしているのに恩恵がない。女房に両手を差し出して8万円頂戴とおねだりした。苦戦すると思ったがすんなりと出してくれた。
早速店に行って物色すると今年の人気モデルはすでに完売していた。片隅にあった昨年のモデルが30%引きであったので迷わずこれ頂戴と購入した。それでも49800円もした。
やっぱり山に行くには体力でもなく気力でもなく、かあちゃんの理解が一番必要だと思った。もちろんお釣りは返しましたよ。
 
 
壊れてしまった7年前の靴。それにしても左右同時に壊れるなんて良く出来ているのか。使い方が上手いのか。
5057416a.jpg

 
こんな不安定な状態で滑っていたのは鈍感か上手いかどちらかだ。
5fa760a2.jpg

 
適当な滑りをしているので3バックで充分だ。上のベルトも外そうかな。
ff4f75ac.jpg


朝日スーパー林道(2009年6月の記録)

朝日スーパー林道は12年の歳月をかけて1982年に開通した。崩壊と改修を繰り返しながら全線開通する事が少なく多難な林道になってしまった。今回も通行止めの情報があったが地元の人に歩いて通れるかと聞いたところなんとか通れるようなので計画した。メンバーは70歳台2人、60歳台1人の3人の熟年というか高齢者であった。しかし、サイクリング歴40年~55年の経験と日頃鍛錬しているので問題はなかった。
2009年6月20日仙台からJRで山形、新庄と乗換て陸羽西線狩川駅まで輪行した。狩川駅を11時に出発し羽黒山の麓から月山道路を横切り荒沢ダムを越え大鳥集落に宿をとった。登山者がよく利用する宿ではなく「青嵐舎」に泊まることにした。大当たりだった。がさつな私たちには不似合いだったかも知れないが大変気分のよいもてなしを受けた。翌朝は5時に宿を出発するので朝食の代わりにお弁当を頼んだが気分よく引き受けてくれた。
翌日は朝から雨だった。戸惑うことなく宿を出発し朝日スーパー林道へ向けて走り出した。林道入口は予想通り通行止めの看板があったが横を通りすぎいよいよ林道に入った。やはり並大抵の林道ではない。荒れた路面にタイヤが跳ね付けられ足を着く事が数回あったが2時間半ほどで県境に到達した。まだ雨は止みそうもないが気分は爽快だった。峠付近は一部舗装されているところがあったが下っていくと荒れた路面に変わった。猿田ダムの手前までの下りを満喫し野営場で朝食となった。青嵐舎で作ってくれたお弁当はおにぎりに卵焼き、蕗の煮しめなど大変おいしく頂いた。腹ごしらえを終えこれから登りになる。猿田川沿いを150m、奥三面ダムを100m、蕨峠を230mとまだまだ気が抜けない。奥三面ダムまで来れば何度か来ているので気が楽になった。蕨峠は地道だが良く締まっており快適に登り、快適に下れる。舗装道に変わると一気に小国駅へ下って行った。
 
 
陸羽西線狩川駅から出発しました。
5b88effe.jpg

 
朝日村大鳥集落の「青嵐舎」、1日2組の客しかとらないこだわりの宿

 
大鳥の集落を駆け抜ける

 
6月と言うのに冬季閉鎖になっている。通年通行止めのため看板を替えていないのか。

 
6月の雨のなかポンチョは大変助かる。

 
待望の県境に到達。

 
ここから林道終点の村上市まで37km。

 
舗装道が現れ一息する。雲海が広がりここは別世界だ。

 
奥三面ダムあさひ湖

 
ハードであったが心地よいツーリングだった。
 


蛇ヶ岳から北泉ヶ岳

2月18.19日、仙台近郊では夏でも健脚コースと言われている蛇ヶ岳から北泉ヶ岳の縦走を冬の最も厳しい2月に実施しました。このコースは今回で3回目です。昨年は1月に実施し10名の参加、今年は昨年参加された6名に加え4名の計10名の参加です。スキー隊7名、スノーシュー隊3名です。
今回は硬い雪の上に昨日降ったパウダーが30cmほど乗っかりラッセルはラクチンです。内水面試験場から升沢小屋まで昨年は7時間掛りましたが今回は4時間半で到着です。18、19日とも天気はまずまずで楽しい2日間を過ごしました。
 
重いザックを背負って行動開始です。

 
今日の雪は浅くて軽くてラクチン、ラクチン。

 
23番まで休みなくやってきました。気温は-9℃、10分休憩の予定でしたが寒くて10分は無理です。5分くらい
休憩しましたかね。

 
17番です。あと少しで次の休憩場所の三光の宮です。

 
三光の宮に到着しました。ここでも寒く休憩は5分程度です。

 
一気に升沢小屋まで休憩なしでやってきました。雪が軽いと早く着きます。しかしこれから夜が長いです。小屋の楽しみは食事とおしゃべりです。食事は単身赴任者特製の手作りです。主婦顔負けです。おしゃべりは何時ものバカ話です。

 
おはようございます。今朝は美味しい朝食をいただいたので元気です。がんばるぞ。

 
蛇ヶ岳を目指して登って行きます。風もなく気分爽快です。

 
本日の一つ目のピーク蛇ヶ岳山頂です。

 
蛇ヶ岳からいくつかの小さなアップダウンを繰り返しながら三峰山に向かいます。

 
三峰山の尾根が見えてきました。

 
一旦下りますがシールは付けたままです。一度はずすと次はなかなか上手くつきません。

 
もう少しで三峰山です。越えてきた山がきれいに見えます。

 
二つ目のピーク三峰山に到着です。

 
小雪舞う三峰ピークです。

 
今日の雪は弱層があり雪崩の可能性があります。雪崩を起こさないように尾根の真ん中をツボ足で降りました。
写真では解りませんがかなりの急斜面です。

 
楽しい林間の滑りです。また登り返しがあるのでここでもシールを付けたままです。外せば良かったかな。シールを懐に入れておくと上手く付くのですが下ったあと標高差300mの登りが待っているので付かなかったことを考えるとやっぱりシールを付けたまま滑りましょう。

 
素敵な林間でしょう。行った人だけがあじわえる素敵なところです。

 
三つ目のピーク北泉ヶ岳に到着しました。もう登りはありません。ここからはシールを外して滑りますよ。

 
テレマーカーがテレマークスタイルで滑っています。珍しいこともあるもんです。

 
最後のおいしい斜面を味わいながら滑っております。
f124cc1a.jpg

厳しいツアーでしたが充実感120%でした。
 

 
 
 
 
 

秋山村から道志村

今週11.12日は山をお休みして自転車です。ACF(アルプスサイクルフレンズ)集中ラン道志村の日の出屋に集合です。今年で37回目の伝統ある行事です。38才から90才まで14名が集合しました。それぞれが自分の思いでコースを考えて走るのが集中ランの良いところです。
私は山梨県の秋山村まで車で行き役場の駐車場を2日間お借りして道志村へ向けて走りました。雛鶴トンネルを越え都留から富士吉田までのR139を走るのが気が進みませんでしたが富士吉田近くなると目の前の富士山がバッチリと見え気分爽快でした。
 
 
今は上野原市になったしまった旧秋山村役場から出発です。

 
チョット楽をして新雛鶴トンネルを利用しました。

 
R139号から富士山がきれいにみえます。頂上まで見える富士は久しぶりに見ます。10年近く前に9.5合目まで登りましたが前にいる別パーティの3人が滑落し遭難したため、9.5合目で引き返した事を思い出しました。

 
忍野村からの富士も美しいです。少し雲がかかってきました。

 
山中湖に来ると残念ながら富士は見えません。

 
北岸に来ると少し凍っています。氷の上に雪が乗っかり縞模様が美しいです。

 
山中湖のサイクリングロードは気分が良いので3/4周してしまいました。

 
本日の最後の登り山伏トンネルに到着です。あとは道志村まで下りです。

 
トンネルを抜けると道志村です。ここから一気に日の出屋まで楽しい下りです。

 
今夜のお宿日の出屋です。

 
日の出屋のご主人が鹿の肉を囲炉裏で焼いて御馳走してくだしました。こんな美味いものは初めてです。

 
自転車談義です。自転車の保有台数はみんなどのくらいか。正常な人は5~10台、20台~30台の人はまだ大丈夫、30台以上少し危険、1台の人は非常に危ない人のようです。私は3台なので危ない人のようです。

 
12日、今日は5人が厳道峠に向かいました。

 
厳道峠から富士の写真です。私が撮った写真はピンボケになっていたのでmayさんから1枚お借りしました。

 
厳道峠で宴会がはじまりました。峠の写真は何故か全てピンボケです。私は今日の内に仙台まで帰るのでお先に失礼して下りました。宴会は何時まで続いていたのか解りません。あのメンバーでは終わりがなさそう。

 
 


プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ