パスハンターで旧街道の峠越え、小径車でポタリング。山スキーでピークハント、里山などを楽しんでいます。

2011年12月

アルプスクイックエース1号、2号のお話

三十数年まえの話です。今はもう引退したアルプスクイックエース1号(私)、2号(女房)で南紀、京都へツーリングに出かけました。東京からブルートレインに乗って南紀の新宮で下車し、那智、串本、白浜、京都を親子3人で走りました。
 
白浜の千畳敷です。アルプス1号のフロントキャリヤにカゴを付けて子供を乗せて走りました。海岸線はアップダウンが多いのでサイドカーではとても走れません。
ee454527.jpg

 
 
京都嵐山の渡月橋まえです。京都は走るというより観光ですね。
c59fbec6.jpg

 
 

イヴ・イヴは船形山升沢小屋で

12月23、24日に仙台近郊の船形山へ行ってきました。天気予報は寒波襲来の大荒れです。山行中止なんて話は何処からもでません。参加予定者全員集合です。
升沢小屋はストーブがなく冬季は大変厳しい小屋でしたが昨年に山仲間のTさんが石油ストーブを上げてくれました。おかげさまで暖かい夜を過ごせました。それでも温度計は-1℃で朝起きると水は凍っておりました。
 
 
内水面試験場を出発です

 
 
旗坂平への登りです

 
 
一群平に到着しました

 
 
鳴清水です

 
 
三光の宮に向かいます

 
 
三光の宮に到着しました

 
 
もう少しで升沢小屋です ザックが重たいです。

 
 
今夜のお宿升沢小屋に到着です。快適人員10名程度の小さな小屋です

 
 
小屋の中はこんな感じです。ストーブが暖かい。夕食は豪華にすき焼きです。だってイヴイヴですもの
飲み物はビール、日本酒、白ワイン、赤ワイン、ウイスキー、焼酎なんでもございます。

 
 
おはようございます。これから船形山に出発です。少し風が強いので目出帽装着しました。

 
 
途中の無名山の山頂です。沢を渡れなかったので仕方なくとったルートですが良かったみたい。

 
 
まだ藪が埋まっていません。あと2m欲しいです。2月にも来ますので一杯降ってください。

 
 
この登りを過ぎれば船形山山頂です。西風が吹いています。視界は100mくらいあり、まずまずです。

 
 
もう少しで山頂です。赤布を打ちました。

 
 
到着しました。船形山山頂小屋です。何度かお世話になりました。

 
 
船形山山頂で証拠写真です

 
 
下りは快適です。今日の雪はよく滑ってくれました。

 
 
重たい荷物を背負ってナイスな滑りです

 
バンザ~イ もう少しで登山口です。おじさんもご機嫌です

 
天気予報ほど荒れなかったので山頂に行けました。山頂を踏めれば疲れも吹っ飛びますね。
 
ルート図
957059e7.png

 
コースタイム
12月23日 内水面試験場7:50-三光の宮11:30-升沢小屋14:00
12月24日 升沢小屋7:00-船形山山頂10:00-内水面試験場15:00

湯殿山超敗退

12月18日 湯殿山へスキー隊4名、わかん隊7名で志津温泉から六十里越街道を経由して湯殿山に向かいました。
先週より雪はさらに多く降り積もり歩きだし地点を少し行くともう1.5mは積もっていました。石跳川の橋を渡り少し行ったところから適当に尾根にとり着きました。
適当に取り付いたのが大きな間違いで地図では解りづらい小さな沢がいくつもあり、まだ埋まってなくアップダウウンの繰り返しです。必至でラッセルするも腰まで埋まってしまいヘトヘトです。まあ、こんな日もあるさと消化不良気味だがギブアップ。引き返しましょう。今日はルート図もカットです。
 
六十里越街道から尾根に取り付きました。まだまだ元気です
39363319.jpg

 
 
ちょっとした登りです。スキー隊がトレースを付けます。
a1644a14.jpg

 
 
スキー隊のあとをわかん隊が続きます。
fdf548c8.jpg

 
 
わかん隊が沢を横切って登ってきます。だんだん深くなってきました。
99b5f38c.jpg

 
 
頂上でもないのに何故かバンザイです。やけくそですかね。
1701141c.jpg

 
 
もう少し行きますか。
1d347aa7.jpg

 
 
下りです。これでも滑っているのです。元気がありません。疲れているのです。
15432b72.jpg

 
 
滑っているのです。止まってはいませんよ。わずかに動いています。雪が重いのです。
698946ce.jpg

 
わずかに滑っているようです。
c588bd1c.jpg

 
 
yossyさんが撮ってくれました。貼り付けます。ペタ

 
うまくルート取が出来なく超敗退しました。みなさ~ん、お疲れ様でした。 来週もあるよ。

月山・姥ヶ岳で初すべり

月山・姥ヶ岳で今シーズンの初すべりです。
志津温泉の除雪最終地点に8時到着したがすでに車が10台ほど来ている。この時期近場でスキーをするには月山しかない。西川山岳会のSさん、Gさんたち10名ほどのパーティも来ていた。今日はどちらへとたずねると姥ヶ岳か湯殿山かまだ決まっていないと。
ネイチャーセンターから石跳の途中までは一緒だったが西川山岳会は湯殿山方向へ、我々は姥ヶ岳方向に別れた。今日は昨年の同時期より雪は多いようだった。ここ1~2日に降ったと思われる湿った重たい雪が1mほど積もっている。石跳からブナ林に入り姥ヶ岳方向すすんだが重たい雪に悩まされた。
 
 
志津温泉からネイチャーセンターへ

 
 
石跳川左岸

 
 
石跳からブナ林に取り付く

 
 
姥沢小屋が微かに見える。ここまで5時間もかかってしまった。今日はここまで

 
 
姥沢の駐車場付近
32998e08.jpg

 
 
誰かが倒れている。そのうち一人で起き上がるでしょう。ほっとけばいい。
3b7dfd5c.jpg

 
 
間もなく志津温泉に到着です。

 
山頂には行けなかったが深雪のラッセルに満足しました。
 
12月11日
志津温泉8:00-石跳取り付き9:30-姥沢13:00-志津温泉15:00
 

 

今シーズンの冬山第一歩は南蔵王後烏帽子岳

12月に入り自転車モードから山モードに切り替えです。今シーズンも呼びかけ、口コミで25人が集まりました。
3日に蔵王の温泉に泊まり昨年に行った山、今年に計画した山の話題で大いに盛り上がりました。12月3日から5月の連休まで毎週のべ40日間の計画をしました。
 
4日早朝に蔵王の温泉を出発し後烏帽子岳の登山口に向かいます。強風です。車の中で今日はどうするか、昨日盛り上がったから辞めるかと言いながら登山口に着くとみんな行く気充分です。
 
さあ、出発です。聖山平登山口にて
9c99ffbd.jpg

 
 
雪の量は10cm~20cmなのでスキーは使えません。ツボ足での山行です。
澄川の徒渉地点まで下ります
7cb46a95.jpg

 
 
昨日の雨で増水しております。石の上に雪が乗っかり、凍っている石もあります。初心者もいます。みんな慎重に渡りますが3人がドボンです。靴下を履き替えレジ袋で包み濡れた靴に足を入れると大丈夫みたいです。
ed527bc2.jpg

 
 
なんとか全員徒渉を終えしばらく歩くと股窪に到着です
9f8a317a.jpg

 
 
ろうずめ平に向かって緩やかな登りを歩いて行きます
66e7b99b.jpg

 
 
ろうずめ平に到着です。ここで少し休憩をとり山頂まで一気に登ります。
ef89be3e.jpg

 
 
強風です。全員目出帽を装着して出発です。ときどき飛ばされます。それでもめげずに40分歩くと頂上に到着
しました。視界は全くありません。今日の山頂は満員御礼です。
5e7b93fa.jpg

 
 
長くはおれません。すたすたと下山開始です。
ad08858f.jpg

 
今シーズンの最初の山行で山頂に行けて万歳です。
 
12月3日 蔵王高原荘 泊
 
12月4日 登山口(聖山平)7:20-7:45澄川徒渉地点8:15-股窪9:00-ろうずめ平9:50-
       山頂10:40-11:10ろうずめ平11:30ー股窪12:10ー登山口12:40

プロフィール

7丁目のアルプス

最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ