2004年7月7日~8日  メンバー:2人

札内川ヒュッテーコイカクシュサツナイ川遡行ーコイカクシュサツナイ岳ー
ヤオロマップ岳ー1839峰



1839峰山頂からカムエクウチカウシ山方向




札幌勤務時北海道の山に数多く登ったが1839峰は登る機会を逸してしまった。札幌を去ったあとも心残りだったので岳友を誘って1839峰に11年前に登った。




7月7日

札内川に前泊し4時30分に出発。小雨が降っている。


コイカク川の二俣で水7リットルをザックに背負い平均斜度30度、1000mの尾根に取り付く。コイカク夏尾根手前からカムエク方向の尾根。


夏尾根に到着。1000m4時間掛った。夏尾根からコイカク。5張くらいのテン場があるがまだ早いのでヤオロへ向かう。


彼方に1839峰が見える。


ヤオロの手前からコイカクへの尾根。踏み跡はあるが厳しい這松漕ぎとなる。


ヤオロマップ岳に到着15時前に着いた。山頂からカムエクが見える。山頂付近にン場が3ケ所あり4張くらい出来る。1839峰よりの一等地にテントを張る。






7月8日

これから登る1839峰。どっしりしており存在感がある。4時30分出発。


前鋭峰からヤオロを振り返る。厳しい尾根だ。もう踏み跡もあまりない。


前鋭峰から1839峰。もう少しだ。70度くらいの斜面が15mほどある。


1839峰山頂に到着。日高の山々が美しい。


下りは70度、15mの尾根に苦労した。手掛かりはほとんどなくビビってしまった。無事下り安心してテン場のヤオロ方行を見る。テントは藪に隠れて見えない。


翌日の7月9日は雨の予報だったので当初コイカク夏尾根でテン泊する予定だったが
コイカク川が増水する可能性があったのでその日のうちに下山した。14時間30分の厳しい山行だったがいい思い出になった。
翌日温泉に入った時鏡に写った姿を見てびっくりした。下半身アザだらけだった。