2月23日、24日に裏磐梯川上温泉に宿をとり西吾妻山・磐梯山に行って来ました。参加者はスキー隊9名です。
西福島ICからR115号を経て裏磐梯に向かっていると晴れ間が出て来ました。当初23日は磐梯山の予定でしたがこの天気なら西吾妻から二十日平を滑れると急遽予定を入れ替えました。
 
 
 
グランデコスキー場リフト上からまずは西大巓にコンパスを合わせて登って行きましょう。いい天気です。

 
トレースがありました。有難く使わせて頂きます。しかしすぐに追いついてしまい交代しながら西大巓へ。

 
高度を上げて行くと風が出てきました。少しガスもかかってきました。

 
西大巓が手の届く距離になってきました。もう少しです。

 
お疲れ様、山頂です。

 
西大巓山頂で少しだけバンザイ。どうする、西吾妻山へ行く。ここから引き返す。昨年はここから引き返しました。今年は行きましょう。二十日平を滑りましょう。

 
西吾妻山への樹氷は見事です。強い風が頬にあたります。2月下旬になると少しは穏やかになって来ましたがやはり痛いです。目出帽が必要です。

 
西吾妻小屋が微かに見えて来ました。もう1時30分です。時間がありません。小屋に立ち寄らず西吾妻山頂へ進みましょう。

 
西吾妻山へ。少し陽がさす時もあれば視界が全く効かない時もあり、山の天気は気まぐれです。

 
西吾妻山頂に到着しました。もう2時前です。早く下りましょう。

 
二十日平への下りはもう、まったく、重くて重くて滑ってくれません。下りもラッセルになってしまい下山出来たのは日没の少し前になってしまいました。これから川上温泉で疲れを癒し、おしゃべりタイムです。

 
 
 
 
24日は朝起きると猛吹雪です。これじゃ磐梯山は無理かと思って出発時間を少し遅くするとなんと晴れ間が出て来ました。どうする。磐梯山に行く。裏磐梯のスノーハイクにする。磐梯山に行ってみましょう。
 
 
裏磐梯スキー場のリフトを降りてこれから登る磐梯山の眺望です。視界はまずまずです。

 
スキー場から少し進むと銅沼に到着しました。

 
中の湯への登りは緩やかなところと急斜面が交互に現れます。

 
中の湯温泉跡に到着です。温泉の匂いはしますが温泉はありません。野天風呂があればお背中流しましょうかと言われていたのに。残念。

 
中の湯から上は強風です。さて、磐梯山目指して行くか。行かないか。今日はハイキングもどうでしょうかと。
はい、下山しましょう。イエローフォールのハイキングですね。

 
下山は早いです。中の湯から直下行です。

 
凍りついた銅沼の真ん中を横切りイエローフォールへ。

 
前方に見える櫛ヶ峰もカッコイイ山です。

 
 
イエローフォールです。硫黄や鉄分を含んだ滝が氷結して出来あがった氷漠です。

 
冬場のスノーハイクには手軽でいいところです。

 
磐梯山に登れなかったのは残念ですが西大巓から西吾妻山・二十日平への周回が出来たので満足度80%です。
 
 
 
 
57240489.png