7月6~7日 浄土平ー景場平ー東吾妻山ー谷地平(泊)-大倉深沢ー一切経山  メンバー:3人
 
 
大倉深沢
18f6d00e.jpg

 
 
大倉深沢は吾妻山域のなかでも比較的簡単な沢なので気楽に行けるとこがいいです。今回は景場平の湿原から東吾妻山をのぼり谷地平避難小屋に一泊して翌日大倉深沢を遡行する計画です。じいさん二人とお嬢さん一人です。
 
 
 
7月6日 浄土平駐車場から出発です。

 
吾妻小屋によってみようとアルバイトの小屋番さんとお話させて頂きました。歴史のある小屋です。

 
東吾妻山は浄土平から南下し景場平を経由しました。

 
景場平の木道歩きは気分爽快です。

 
これから登る東吾妻山が見えます。

 
東吾妻山頂です。

 
姥ヶ平に降りてしばらく歩くと姥神の石像があります。休憩場所にいいところです。

 
鬱蒼とした森のなかを1時間ほど歩けば今夜の宿、谷地平避難小屋に到着します。

 
谷地平避難小屋に到着しました。小屋の脇に小川が流れています。水は充分取れますが小屋に張り紙がありセシュウムがたっぷり含まれているようです。それでも少しだけならいいか。沸騰すればセシュウムは飛んでいかないかなあ~といい加減なことを言って料理に使いました。

 
 
 
7月7日 七夕さまです。谷地平避難小屋から気合を入れて出発です。

 
笹藪を抜け谷地平湿原へ

 
谷地平湿原はコバイケイソが満開です。

 
谷地平湿原はとってもいいところです。

 
いよいよ大倉深沢に入渓です。

 
しばらくは河原歩きです。

 
こんな沢が続きます。

 
2時間ほど河原歩きをすると滝が連続して現れます。まずは8mの滝です。

 
ホールドがしっかりあり、じいちゃんでも大丈夫です。 

 
 
次は5mの滝です。滝の真ん中が一番登り易いです。

 
 
最後の6mの滝です。ここも真ん中から登り詰めは少し左側にしっかりしたホールドがあります。

 
源頭です。

 
源頭から藪こぎはありません。さわやかな草原を15分ほど歩けば五色沼のコルに出ます。

 
魔女の瞳が出迎えてくれました。

 
一切経山頂はガスに覆われ非常に強い風が吹いています。

 
鎌沼が見えて来ました。もう少しで下山出来ます。

 
天気はあまり良くありませんでしたが湿原の木道歩き、沢歩きとバリエーションに富んだいいコースでした。