1月15日は近郊の北泉ヶ岳・東尾根をスキー隊8名、わかん隊10名で行ってきました。仙台市内から30分でこんな素敵な雪山のコースがあるのかと感激するところです。東尾根は夏道がなく冬季限定のコースでコンパスと地図でルート取りをしながら進みます。途中で雪崩そうなところもあり、雪庇を乗り越えるところもあり変化に富んでいます。
 
まずはビーコンチェックです。18名全員マイビーコンです。昨年からビーコンは必携です。

 
18名の長い行列です。林道を1時間ほど歩き東尾根に取り付きます。

 
わかん隊も頑張っています。

 
チョット渋滞しているようです。お~い、早く進めよ。林道といえど膝までのラッセルです。後ろは楽ですね。

 
林道を離れ東尾根に取り付きました。

 
休憩はまだですか。まだまだあと30分頑張ってください。

 
少し急な登りになってきました。まもなく休憩地点の1026ピークです。がんばれ先頭。

 
雪が深くなりわかん隊苦戦しているようです。沈むのは重いからです

 
雪庇が見えて来ました。さて、何処を突破するか。此処はちょっと厳しいかな。もう少し先へ行こう。

 
此処からは雪崩の可能性があるので弱層テストをしましょう。判定は2~3。おおむね安定ですね。よし、先へ進もう。

 
よし、此処なら突破出来そうだ。

 
無事、山頂に到着です。疲れていてもこの笑顔。

 
よお~、テレマーカー、これは転ぶな、あ~あ~

 
ほら、転んだ

 
新人さんです。滑りは一流、体力はもっと鍛えましょう。

 
なかなかカッコ良いではありませんか。

 
もう少しで下山できますよ。

 
新人さんが二人参加しました。下山してから山スキーってこんなにきついとは思わなかったと言って、一歩も動けません。今日のコースは初級コースですよと脅しておきました。これに懲りずにまた参加すれば本物です。
たぶんまた参加するでしょう。だって今日のために40万円かけて山スキー用具、ウエア一式買ったんだって。
 
スプリングバレースキー場8:30-東尾根取り付き9:30-1026m11:00-雪庇乗り越え12:00-
北泉ヶ岳山頂13:00-スプリングバレースキー場14:30